ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2021/5/4  杓子沢!

ガイド殺しのGWの天気

とか言いながらみんな忙しそうにしてるけどね〜(笑)

GW唯一のピカピカ晴れ予報の本日
1日使って楽しんでやる!

問題は季節外れの雪
行けるかどうかは現場判断で向かってみると

充実の1日になりました!

気合いを入れて早朝5:30猿倉集合!

もはや登山である(笑)

朝焼けする白馬岳を眺めながら
この時間で駐車場がかなり埋まっていてびっくり

唯一の晴れだからな〜
みんな考える事一緒だな
今年はGW営業していなくて静かな猿倉荘を出発

すっかり雪が無くなって
スキー担いで林道まで

昔はこの時期でも
問題なく猿倉荘まで滑れてたよな〜〜
林道まで登って準備運動終了

林道からはシールで行ける
あれだけ雪解けが早かった割には残っている

見上げる稜線はボーボーの風
新雪で白いから

稜線は冬だな
昨日まで結構雪が降ったからな〜
大雪渓登るの怖いな〜
正直何処まで行けるかな〜

と、ネガティブな考えを巡らせながら
馬尻小屋(まだ建ててない)に到着

んん〜〜??
大雪渓にデカいデブリが
あれが噂のヤツか?
(前日に雪崩れた話は聞いていた)
吹く風はまだ冷たい
朝なので日射もまだ弱い
昨日雪崩れた発生場所が気になるが

まだ、この時点で直ぐに自然発生の雪崩は起きない
との判断で登っていく事に腹を括る

流石にこのデブリを見てか
大雪渓を登って来る人は少な目

あんなに駐車場に車があったのにね〜
まぁそりゃ来ないわな(笑)

某カリスマブロガーもブログに上げていたが
雪崩を起こさない方法は簡単である
少しでも心配ならそう言う斜面に入らなければいい

だが、ずっと消極的な判断しか出来ないガイドってどうなのよ?
とも思う。

しかし、攻めすぎるといつか事故を起こす
そのせめぎ合いで、カリスマブロガーの言葉を借りれば
ゲロを吐きそうに悩むのである
とか何とか、御託を並べたが
自分はそんなに悩んでるかな〜〜??(笑)

取りあえず五感を働かせ
強風に耐えつつシールで大雪渓を詰める

昨日のアラレ雪でシールの利きが悪い所があり
難儀する
登りながら杓子尾根の北面のルンゼ達を見上げる

嗚呼、あそこを今滑ったら楽しそうだな〜
雪崩れるかどうかは置いといて(^^;)

風は相変わらず冷たく強く
今日はポカポカ陽気とちゃうんか〜い!

と突っ込みたくなるが
お陰で湿雪雪崩の心配はほぼ無い(今のところ)

何の気なしにガイドは登ってるようですが
一応いろいろと考えてるんっスよ(笑)
葱平(ネブカッピラと読む)からはシートラーゲン

雪崩の走路を登る
露出した葱平の尾根は見事に雪崩で削られている

そりゃ〜樹木が育たない訳だ
間違いなく大雪渓は雪崩の巣だと再確認する

だが、この雪崩を見ると大雪渓の直上、最低鞍部付近から来た模様
この規模ならば、落ちる雪は落ちきっているし
横から来る事は無い所まで登ったから少し安心できる
このツアーに参加したいって言う
ヘンタ・・・じゃなく猛者たちはやっぱり強い

順調に(若干問題もあったけど(笑))登って最低鞍部を見上げる

おお〜〜っ!?
あそこが発生区か?

あの雪庇今落ちないでね
と思いつつ先に進む
判断ミスで際どいトラバースで余分なアルバイトをして
時間を食ってしまったが稜線に乗り上げる

毛勝山から剣岳がドーーーン!!

マニア心をくすぐるエリアである
毛勝山とか滑るツアーとか企画したら来ます?
稜線に出ると
やっぱり風がボーボー

午後から収まるってヤマテンさんが言ってたが
まぁ朝よりは収まったか?

担いだスキーが煽られて
体幹を鍛えられながら杓子岳を目指す

この区間が一番しんどかった・・・
杓子の基部にスキーをデポして

このツアーの一つの目的
杓子岳山頂へ

この時期は登頂&滑走が楽しいと思うのは自分だけ?

山登りとスキーを両方楽しめるし
まぁスキーがただ単に下りの手段になる事も多々あるけどね〜(笑)

やっぱり自分もMなのか?
と言うわけで杓子岳山頂着!!
ここまで6時間半ほど
ドMツアーお疲れ様です!(笑)

積雪期の杓子は何年ぶりかな〜?

山頂は強風で写真だけ撮って
サッサと下山
デポした所まで戻って大休止して

トラバースで杓子沢の源頭へ
今回の降雪のお陰で何とか滑って来れたが

無かったら全部夏道歩きだね

杓子沢を覗いて
やっと滑りのパートに入る
目的が登山なんだか滑りなんだか分からんね(笑)

さ〜〜滑りがただの下りの手段になるのか?
はたまたヒャホーー出来るのか?

入り口はどーーー見ても硬そう硬そう(笑)
1ピッチ目

やっぱり硬てーーーー!!(^^;)

まぁエッジは効くレベルで
傾斜もそんなに凄くないので問題なし

※Dルンゼより傾斜は緩目

2ピッチ目

雪も少し緩んで
(自分的には)フォーーー!!
このロケーション
日本離れしてるでしょーー?
3ピッチ目

間違いなくフォーーーーー!!!

走るザラメ?
しっとりパウダー?
ともかくサイコーーーー!!
ここに来るまで苦労したバイアスもかかって

気持EEEEEEEEEEEE!!

だが、ボトムまで来ると
少し板掴みの気配がしないでもない

が、今は考えないでおこう(笑)
自分達だけの貸し切り杓子沢だぜーーー!!
(実はこの後ひとりだけ滑ってきたけど)

やったったぞーーー!!
コノヤローー!
が、しかーーーーし!

この後は妖怪板掴みの気配はウソではなく
ガッツリ板を掴まれて悶絶

フォーーー!!⇒グエーーー!!
に雄叫びも変化(笑)
ノートラック超絶スーパーストップスノーを味わい

太腿が千切れそうになりながら
湯の入沢の出合いまで滑り降りる

なかなか味わえないレベルのストップスノーで
ある意味貴重な体験か?(笑)

湯の入沢はゲレンデのようにギタギタ
鑓温泉はそりゃーもう混雑だったに違いない
売り切った脚には
地獄の登り返しにまたも悶絶し

小日向のコルに到着
ここも鑓温泉帰りのパーティーで賑わっていた

自分たちのシュプールを眺めながらの
贅沢な大休止

ここでGWにビールを売ったら間違いなく儲かるな(笑)
それと、企画倒れになった小日向の山頂でラーメンを食べる!ってのも良いと思うんだけどな〜(営業)
大休止後は
ゲレンデと化した小日向山北面を猿倉台地に滑り込む

さっきまでよりはストップ具合は緩和されたが
ザブザブ・ギタギタで修行以外何物でもない(笑)
春の風物詩
ストップスノーと
汚れたなごり雪のコブ斜面を繋ぎ

やり切った感満載で駐車場に戻って
貴重な晴天を使い切ったドMツアー終了ーー!!

これで今シーズンの白馬でのBCツアーは(たぶん)終了です。
今シーズンご参加いただいた皆様ありがとうございました!

再来週の滑り納め鳥海山ツアーはまだ空きがありますけどね(笑)

さぁ残雪登山が始まるなぁ・・・

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 杉村航 フォトグラファー