ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2021/2/22  雨飾山!

皆さん歩くの好きね〜。
って言うマニアが集まった雨飾山ツアー

あの林道アプローチさえなければお手軽で
良い山なんだけど、なんせ遠い。

でもその遠さ良いのかもね
マニア心をくすぐって(笑)

それにしても暑い1日でした。
2か月は季節を先取りしてたね(^^;)

「今年はシーズンが短かったけど、残雪が多いね〜」
春と言うより初夏?
すでに気分はGW(笑)

てなぐらい、暖かい朝
まだ2月なんですけど・・・(^^;)

残念ながらこの冬は改装中で温泉に入れない
山田旅館の脇から登る

素手でシールが張れる
いきなりジャケットを脱ぐ
繰り返すが まだ2月なんですけど・・・
いきなりTシャツ登場!

しつこく繰り返すが、まだ2月なんですけど
もひとつおまけに、まだ朝なんですけど
一発目の登りで既に汗だく
コーラの残量が心配になる(笑)

林道に出ると少し風も抜けて涼しい

久しぶりに雨飾山が見えた!
雨飾山のキャンプ場まで約1時間半
この距離が人をあまり寄せ付けない

だから静かな山を楽しめる


さ〜〜ここからがやっと本番でっせ
最初の登りがキックターン道場になる急登

シール滑る〜〜
汗が噴き出る〜〜
マジで熱中症注意の登り
汗が滴る・・・。

おい!!いま何月だ!
と、悪態を付きたくなる暑さ

くり返す、まだ2月なんですけど・・・
コーラの残量に黄色信号が灯る(笑)

ヒーヒーと暑さに耐えて尾根に乗り上げると
P2がドーーン!!
今回の目的地である

尾根上は風が抜けてきもちいい〜〜!
暑さから解放され
視界も広がる

眼下に大渚山北面が見える
一度大渚〜真名板山までのツアーやりたいね〜厳冬期に
いつもこの時期なら
カチカチで登るのが大変な尾根も

今日は深ザラメを踏みしめサクサク上がれる
本当に4月みたいやわ〜

通称(?)P2.5にすんなり到着

今日は登山日和でもあるが
とっても靴擦れ日和
ゲストが相次いで靴擦れを申し出てくる

汗かきまくってるからね
ブーツもいい匂いになりそう(笑)
P2への登りは絶景道連れの急登

雪が硬いと苦労するけど
ここも今日はサクサク登れる

大汗かいて、靴擦れして、コーラ飲み干しそうになって、
やっとP2到着!

いや〜初夏の残雪登山は暑いね〜〜(^^;)

ここから見る雨飾山の山頂は険しい
2月なのに全く寒くないP2で大休止

ジャケットを忘れたゲストも平気なぐらい暖かい(笑)

冬しか来れない場所の絶景を味わう

頸城の魅力的な山々が居並ぶ

鬼のように遠い
金山のツアーとかやったら集まるかな〜?マニアが(笑)
尻に根が生えそうになる前に滑走

さて、登りながら感じてた
滑りも修業感は当たりか?外れか?(笑)

北斜面を狙いたいが崖なので
まず東斜面から

まっすぐ伸びる適度な傾斜の沢
何て名前か誰か知ってます?
ドロップしてみると
スットプじゃない!!

これだけで十分!(笑)

いやいや、それだけじゃない!北向きはスプレーが上がる!
(注:薄ーーくクラストしてます)
サンクラストが緩んでザラメ化し
その下はまだ生きている雪

何とも不思議な滑り心地

がしかし、少し向きが変わると
微妙にストップしたり、クラストが硬くなったり変化が激しい

絶妙なラインを選べば快適
(非常に困難ではあるが(笑))
多彩な雪を味わえるロングラン!

難し〜〜〜(^^;)
続けて、全然期待せず北面にドロップ

なーーーーんと!!
パウダーやーーん!!!

期待してなかっただけに
喜び倍増!

思わず声が出る
フォーー!!

あんなに暑かったのにパウダーにあり付けるとは!
あまりに良かったので
時間もあまり無いけど登り返し決定(笑)

でも、世の中そんなに甘くない

2匹目のドジョウはイマイチ
ほぼクラスティ
パウダーは極々ピンポイントだけでした〜
その後の荒菅沢は
クラストしてるがストップに非ず

ちょいムズだが快適に滑れる
(日陰だけ)
だが、日向に出た途端
妖怪板掴みにワシ掴みに遭う(笑)

しかも傾斜も無く
この上なくスノーボーダー殺しである

1名のスノーボードゲストは見事に殺されてました(笑)
キャンプ場に登り返し

悶絶ストップだろうと諦めていた林道が
夕方になったお陰でちょっとマシ

1日遊びちぎって終了
ともあれ残雪(には早すぎる)雨飾山満喫の日でした〜。

あ〜〜いい汗かいてビールが上手いぜ(笑)

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 杉村航 フォトグラファー