ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2020/3/29  久しぶりのお仕事

このご時世、大っぴらにパウダーイェーイと言うのもどうかと思いますが、
週末の乗鞍岳は良かった〜〜〜!!

いろんな意味でラストパウダーになる可能性は大ですね
でも、4月2日も良さそうなんだよな〜〜

都会の皆様ごめんなさい。
田舎はまだ平和なんです。

遊ぶなと言われるまで、もしくは同調圧力を感じるまでは、もう少しだけお遊びを提供します。悪しからず。

本日、日曜日は、ほぼ思い付きで企画した乗鞍岳BC
南岸低気圧のお陰で里までしっかり積雪して、手に汗握るスリルドライブで乗鞍高原に到着。

名前もblue resort NORIKURAに変わってました。
そしてなんと!!山麓のリフト始発が8:45!!
こんなに遅いとは・・・しかも2本目のリフトも点検整備とやらで30分以上待たされる始末。

待っている間放送はあれど、説明は無し。
もうちょっと頑張っていいんでないかい乗鞍さん。
待っている間湿雪でビショビショヒエヒエになったので、三本滝のレストで休憩してから、やっと出発

時すでに10時過ぎ
天気は湿雪降りしきるガスガス、午後の方が天気回復するって言ってたから、まぁいいか。
ツアーコースをえっちらおっちら

標高を上げども気温は下がらず
蒸し風呂の中のハイクアップ、不快指数満点

本当に晴れるの〜〜??
どうせ雪も悪いでしょ??

と、ネガティブ志向になって脚も重い・・・
大汗かいて足引きずって位ヶ原到着

そうすると
なんということでよう!!ガスが抜けてきた!!

がしかし!!中途半端に薄いガスのお陰(温室効果)で猛烈に暑い!!
夏山より暑い!!
地獄のように暑い!!
ファーストレイヤー1枚になって、ベンチレーション全開で、グローブも取って汗だくで登っていくと視界が開けた!

と、同時に温室効果も解消&そよ風も出て
は〜〜〜快適〜〜。

生き返って登っていくと、先行者が摩利支天の南東面を滑ってくる
気持ちよさげなシュプール
雪は良さそうや〜〜ん!!

俄然やる気になる現金なガイド(笑)
剣が峰行きましょ!!

とやる気になってペースアップ
雲海従え爽快ハイク!
シールで何処までいけるか?
と、気をもんでましたが問題なし

ガスは抜けたり入ったり
蚕玉岳コルまで来て、狙っていた斜面を望む

なんとまあ美味しそう!
その前に登頂!

久しぶりの乗鞍岳山頂は冬景色でした
一段下りて大休止

この標高で休憩していても寒くない
春だね〜〜
ここにコロナは居ないね〜〜
さ〜て滑りますか

問題はガスがタイミングよく抜けてくれるか?

先行者は2名だけ
少し待機して、抜けた瞬間ドロップ!!

メチャメチャ走る快速パウダー!!
滑り心地サイコーーーー!!

写真は逆光で液晶が見えず、ろくでもない物ばっかりだったので無し
シュプールでご想像ください
滑り終えてイェーーイ!!

晴れを信じて(!?)登った甲斐があったね〜〜。
この時期でこんな良いのが滑れるなんて、ラッキーー!!
傾斜は落ちるけど、もう1ピッチ

ここも気持ちイイーーー!!
乗鞍岳サイコーーー!!
さらに下も走る雪!!

登り返したい衝動に駆られるも、時間的に却下

それならば登りと違うラインで
位ヶ原山荘経由で下りることに決定

たぶん苦労することはゲストに内緒(笑)
数年前から冬季も営業するようになった位ヶ原山荘

来シーズンはここに泊まって乗鞍岳を滑り倒すってツアーいかがっスか?
帰りの林道は出来る所はショートカット
でも、薮が多くておもったより出来ず

のっぺりした雪を延々と漕いで進む羽目に
(予想してましたけどね(笑))
広背筋トレーニングを終えて
極悪ゲレンデに悶絶してやっと下山

上で最高のパウダーを滑った事を思い出してくださいね〜(笑)

登頂&ライド、いい雪から極悪雪まで、幅広く楽しめる春らしい1日でした〜!

※FBでも上げてますが、バックカントリーツアー自体は三密には当てはまりません。
人の考えはそれぞれです。来ていただく方がいる以上、閉めざるを得なくなるまで門戸は開けておくつもりですのでよろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 杉村航 フォトグラファー