ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2020/3/18  ガイドの休日 3

この騒動のお陰か、はたまた小雪のせいか
平日は無職が多い日々(笑)

降雪後の晴れに家でジッとしては居られない!
選んだ先はまたも頚城!

前から行きたかったあの真っ白な斜面を滑って大満足!

「三寒四温」は言い得て妙なりな3月

折角の降雪後の晴れを放っておくわけにはいかない!
しかも無職!(笑)

狙っていた高松山に行ってみよ〜〜!!

先週焼山に来た時よりさらに雪が少なくなっている
お陰で奥まで車で突っ込んで置車
「まだ爺ッさ婆ッさも畑仕事しないから路肩も大丈夫でしょ」

シールを付けようとして大失態に気づく

シール間違えた〜〜!!いや正確にはスキーを間違えた!

う〜〜〜む・・・今日のロングハイクには不安のあるサイズ違いだな・・・。
自分のシールハイク技術を信じて行けるまで行ってみるか【6:55】
なんじゃこりゃ?
ってなぐらい雪のない新田山を登り

ひと汗かいて新田山のコルに到着【8:15】
晴れると予報では言っていたが、いっこうに雲は取れず

ついでに雪の少なさとザラメになり切っていない中途半端な雪のお陰で
テンションは低め・・・「本当に山頂まで行く??」
まぁ行ける所で行く&上部はパウダー&晴れると信じて突き進む

例年なら問題なく渡れる沢もガッツリ渡渉
行きで濡らしたくないからね〜〜
複雑な地形を適当に登る

初見の場所は楽しいね〜〜!!
今年は本当に栂池・八方のヘビーローテーションだったから。こういう新鮮味のある所がイイ!!

時折吹雪いて心が折れそうになるが
目の前に目指す白い斜面が見えて来ると・・・・!!
テンションアーーーーップ!!!

晴れてきたでーーー!!!
おっしゃーーいくかー!!

と、やたらハイテンションでランナーズハイになってシールアップ!(自分だけ)
心配したサイズ違いのシールも、雪が柔らかいお陰で今のところ問題なし

踏みしめる雪も乾いてきた!!
地形図と見た目で、稜線に登るよりトラバースが良いだろうと判断して適当に大トラバース

ここまで来ると樹林も少なくなって
辺りはどこも滑りたくなるような斜面ばっかり!

稜線に登り上げる前で休憩【11:35】
稜線は所々固い
でもサイズ違いのシールでむりやり登る!

ツボ足にするとめんどくさそうなので強引にシールアップ
こう言う事してると強制的に登るのが上手くなりますよ!(疲れるけど)

下から見て狙っていた斜面が近づいてきた〜〜!!(写真真ん中のノール下の斜面)
美味しそうじゃあ〜〜りませんか!!
先週言った焼山も近い

焼山北西面を滑って、この高松山に登り返して北面滑る
って言う変態ツアーってどうだろう?

楽しいだろうけどそれには、かなり強靭な体力が必要だな。
正に変態(笑)
頸城の絶景を道ずれの稜線歩き

まぁ所々固い雪に必死で
周りを見る余裕はあんまり無かったけどね
【12:35】高松山山頂着

たまたま揃ったZAGスキーを並べて1枚
Sさん、これカタログに使えるんじゃじゃない?(笑)

すっかり良くなった天気のお陰で大展望!
北アルプス北部〜雨飾山〜焼山〜火打岳〜昼闇山〜金山

ぜ〜〜んぶ滑ってみたい!!
特に影火打の北面!
やっぱり頸城はええわ〜〜〜〜。
さ〜〜て滑ってみますか〜〜!!!

とその前に
奥の斜面を覗くと雪庇下で自然発生のサイズ1.5くらいの雪崩が起きていたので

急斜面は刺激しないように気を付けながらドロップ!!

若干パックだけど、期待を裏切らないパウダーーーや〜〜〜!!
登ってきた甲斐ありまっせ〜〜〜!!

フォーーー!!
誰〜〜〜も居ない貸し切り斜面じゃ〜〜〜!!!

気持よすぎて350mぐらいを一気に落とす快感!!
ガイドツアーじゃ出来ないもんね〜〜!!

遊びはサイコーーー!!
ごめんねみなさん楽しんじゃって(笑)
しかし!!

昇天大滑走の後は、突然のスーパーストップスノー!!
予想はしていたけど、この板掴みは強烈!

つんのめりそうになりながら、峡部を抜けて行く
テレマークは辛い!
ゴルジュ手前で
これ以上は怪しくなってきて

予定通り登り返し
例年はこの一ノ倉川は滑って行けるらしいけど、今年は無理でしょう
なかなかテクニカルな登り返しセクションを終えて

振り返ると自分たちのシュプール見える
この広い山域に自分たちだけの跡

贅沢やね〜〜。
さ〜〜てここからは生コンスノー滑走

覚悟はしていたからいいけどね
と言うか、むしろ滑ったる止まったるする雪より滑りやすい!?
太腿をパンパンにしながら滑って
行きも通った渡渉をこなして

新田山のコルへのトドメの登り返し
なが〜〜いストップスノー林道を漕いで漕いで
疲労感満載で終了〜〜〜!!

長い登りに悪態をついて、パウダー滑走で昇天して、ストップスノーで悶絶して
フキノトウを採って、温泉入って、
(これにビールがあればコンプリートなんだけど、そこは我慢して(笑))
大満足!!

これぞ正しい日本の春の山スキー!!
この遊びにコロナの介在する隙はなし!!

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 杉村航 フォトグラファー