ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2019/4/27  白馬岳”スキー登山”ツアー

何度言ったかわからない(笑)「平成最後」のパウダー

正真正銘の平成ラストパウダーを味わいつつ、登山要素が8割の「平成最後のドM」ツアーになりました!

大荒れ予報の初日は、大雪渓上山から予定を変更して栂池山荘へ!
翌日が晴れ確定のため、栂池山荘も栂池ヒュッテも大賑わい。

午後にかけて降雪も多くなりそうなので、宿に入るなり早速コーヒータイム(笑)
贅沢なGWの始まりです。
宿で贅沢にまったりした後はいよいよ平成最後を堪能しに出発。
流石にこの天候で入山してくる人も少なめで、滑った4本とも貸切パウダー!!
しかもパウダーの下のザラメ層も柔らかく、2段構造で深みを感じるなんとも気持ち良い滑り心地、、、

本当にホントに「平成最後」!ありがとう!
今度こそ間違いない!(笑)
翌朝、見事に快晴!
朝食時間には早くもトラックをつける集団が。さすがですね〜

このあと、出発頃には高曇りに。
かえってそれが登るのにちょうど良く、いつも怠いセクションがだいぶ楽に登れました。
今日はなんと言っても珍しい気象現象のオンパレード!

まずは日傘と環水平アーク!
ちょっとわかりづらいけれど幻日環!
環水平アークが覚えられなくて、ずっと「なんちゃらアーク」と言っていたAさん(笑)

なんちゃらアークを眺めながら、約4時間で待望の稜線に到着!
いつもならジリジリと太陽にやられ、汗だくで体力を奪われる時期ですが、天気が幸いして涼しく登れました。
高曇りだけれど視界は超絶良好。
なんと佐渡ヶ島まで見えました!ここから見えたのは初めての経験かも。
環水平アークを眺めながら絶景稜線歩き。

いつもなら稜線に登り上げる手前からアイゼン歩行ですが、この日は幸運にも稜線でもアイゼン要らず。
出発から5時間半で小蓮華山到着!

Tさん、ここから先には進めたことがないらしく、ついに5年越しの悲願達成なるか?
今日の天気なら大丈夫でしょう!
いやいやこんな最高の稜線歩き、なかなかないですよね〜

富山湾もくっきり。

雷鳥もたくさん。

写真撮りまくりで一向に進みません(笑)
もうちょっと早く行きたいんですけど〜
今回たまたま撮れた雷鳥のベストショット。
遠目にカメラ構えてたら近くに寄ってきて、そこで初めて人の存在に気付いて目の前から飛んで行きました!
風もなく快適な稜線歩きでしたが、写真撮影で足踏みをし過ぎたせいでいつの間にか陽も陰り、、、

最後の最後でアイゼンが活躍。
出発から8時間、ついに、ついに白馬岳山頂到着!

早く着けば滑ろうかと思ってましたが、はい、今日は滑り要素一切なしです!(笑)
本日のお宿、白馬山荘さん。
当初の予定では昨日から連泊で周辺を滑りまくるプランでしたが、ま、天気には敵いませんね。昨日の宿泊は流石に0だったそうです。
昨日の吹雪で再び雪の中でした。

晩御飯は6月末までカツカレーだそうです。
ご飯もカレーもおかわりし放題なのがとてつもなく嬉しい!
夕食を食べていると今度は幻日が!
しかも左右に出てます!わかりますか〜?

なんかホントにすごい日になりました!
そしてそしてこれが部屋からの眺め!

超VIPルーム!!
白馬山荘さん、ありがとうございました!

お陰で夕焼けも朝焼けもぬくぬくしながら見れそうです(笑)
朝方。
部屋から景色いいから外出なくてもいいか、と布団でぬくぬくしていたらTさんに叩き起こされ(笑)結局山頂にて御来光。

現金なもので、これを拝むと「山でこれ見に来ない人はおかしいだろ!」と思うわけですが、普段まず見に行きません(笑)
さて「スキー登山」ツアーも最終日。

最終日もスキー登山らしく朝一から登ります。目指すは白馬岳を裏側から拝める旭岳。
前日の昇温と、朝一の風でカッチカチになった斜面は滑る気は起きません、、、

じゃあなんでバックカントリーツアーなのに登るのか?


なんででしょうね(笑)行った本人もわかりません!
旭岳山頂にて。
公式には夏のルートはないので、この時期だけの楽しみですね!
カッコいいですね〜

当にスキー登山な感じで絵になります!
カッチカチの斜面は慎重に横滑りでやり過ごし、新雪が残っているところでいよいよ滑走!

しかーしちょいパックで難しい!
でもこの剱岳バックのシチュエーション、最高です!
難しかったけどシュプールは残りました(笑)
富山側に滑り込んでから白馬鑓に向かおうかと考えましたが、風で叩かれた雪面はどこも難しそうで、、、ここを滑らないとなるといよいよ登り:スキーの割合が8:2で確定(笑)

稜線伝いに杓子沢を目指すことに。
さあー来ましたよ、杓子沢!
でもちょうどガスが〜

しかし雪は快適!
白馬エリア随一と言っていいアルパインな景観の中、テレマークを決めるTさん!

杓子沢は上部が快適ザラメ、中間部が平成最後の残り物クリーミーパウダー!、のち激ストップ、、、(笑)
盛り沢山過ぎて身体が悲鳴をあげました、、、
いや〜、この辺くらいまでは最高でしたね(笑)
あーーーー長かった。
最後は平成最後のパウダー"だった"モノにだいぶやっつけられました、、、(笑)

しかしここの景色はいつ見ても壮観。
ちょろっと登り返して最後は長走沢をズドーンと落として終了。

茶色い雪がよく滑って楽しく降りられました!

カモシカさんもお見送りに。
いや〜、本当によく登りましたね!という感想しか出て来ません(笑)
パウダーから激ストップまでてんこ盛りで結構滑っているはずなんですけど、2日目の最高の稜線歩きを味わっちゃうとやっぱりそういう感想になりますね!

来年も予め”白馬岳スキー登山ツアー”で計画しようかな、、、いやでもやっぱり滑り重視がいいな〜

ご参加の皆さん、ありがとうございました!
今年考えていた方も来年はぜひこのドMツアーへ!

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 写真購入サイト 30days
  • 高鷲スノーパーク
  • 杉村航 フォトグラファー