ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2019/3/17  冬の様相の蓮華温泉

毎年恒例の蓮華温泉ツアー
毎年参加される方が居るほどハマるツアーなんです!?

なんだか冬に戻ったような天気予報で
何処まで行けるか現場合わせでしたが、何とか箙岳まで行けました。

しかもパウダー!
もちろんアドベンチャーのおまけ付き(笑)

恒例の蓮華温泉ツアー今年も開催出来ました!
まぁお酒を飲みに行きたい人が集まったって噂もありますが(笑)

予報通り荒れ模様の予報
そして足元はパウダー!
辺りはガスが入ったり抜けたり

ひとまず天狗原へ
ひと登りで天狗原の祠に到着

んん?最近の降雪のせいか、祠の周りは雪が多いぞ。
が、しかし真っ白っけ・・・。
雪は良いし、時折抜けるガスを期待して

ハクノリの途中までハイクアップ
でも、待てど暮らせどガスは抜けず・・・むしろ悪く成ってるような?
30分以上待ったけど、あきらめて行きますか・・・。
雪崩リスクよりはぐれる方が怖いので
皆で一斉に、ワラワラとホワイトアウト酔っぱらい滑走

雪がイイだけにもったいね〜〜
視界があれば間違いなくヒャッホーなのにーー!
蓮華温泉へのコースを知らないと、絶対迷うでしょ
ってくらいのハードガスの中、振り子沢へドロップ

なんも見えね〜〜
から、標高を少し下げるとちょっと見えてきた!
短いけどパウダーだぜ!
イェーーーー!!
フォーーーー!!

と半ば無理やり雄叫びを上げる皆さん(笑)
このまま蓮華温泉に行ってしまっては
早い時間から宴会モードに入るだけ。

それも良い、と言う意見もあったけど
登り返します!
どのラインで行くか悩んだけど
乗鞍沢で行くことに決定

滑り込むと、ちょっと底突きあるけどパウダーでっせ!
と、ここまでは良かったけど乗鞍沢に入り込み、後はこのまま滑っていくだけだと思ったら

なんと!沢が釜を開けてるじゃあ〜りませんか!
しかも、側壁はめっちゃ急!

落ちればタダじゃ済まないヘツリを、工作して何とか切り抜けるアドベンチャー
いや〜これはオプションの域を超えてたね、皆さん無事で良かった・・・。
ホワイトアウト酔っぱらい滑走、パウダーヒャッホー、アドベンチャーと
いろいろあったけど無事に蓮華温泉着

雪が少ないと聞いていたけど、そんな事はなく十分多い!
最近の降雪で増えたらしい。お陰で外湯の露天風呂は入れず・・・残念
そして、BCあるあるの終わってから晴れるっていう
いけずな天気

もう2時間早く晴れればね〜〜
そんなの嘆いても仕方がない。

さあさあ温泉・宴会に突入!!
ビールもワインも日本酒も温泉もある蓮華温泉最高!!

夕食の時間から消灯まで飲み続けたのは言うまでもなし(笑)
今回は酒豪が揃ってましたから。

しかも、自分たち以外は1組だけで
ほぼ貸し切りみたいでした。
いささか飲みすぎた次の日の朝

鼻の冷たくなる、まるでテント泊のような寒さの中目覚めると
天気は上々!
でも下り坂・・・。

何時まで持つかな〜?と、お世話になった蓮華温泉出発!
ありがとうございました!来シーズンも来ます!
最初は木地屋のクラシックルートをトレース

最初の沢への滑り込みは、ドライアウトした極上パウダー!!
3月にこんなのが滑れるとは!

まぁ短いけどね。
がしかし、いい雪やね〜〜!!


感激の1本を済ませて登り返し

雪倉岳が見えてきたけど、もう天気が崩れだした・・・
早い。昼間で持つと思ったんだけどな〜。
その後パワーゾーン定番の初見ルートにGO!(笑)

1799ピークの西尾根が登れるかな〜?
と取り付いてみるも、人が登らないのは理由があった・・・

難儀な尾根トレースを突破して、もうこれ以上はめんどくさ過ぎるとドロップ!
いい斜面があって助かった。十分ヒャッホー!!
惜しむらくは視界が無くなって来たこと。

もうちょっとこのアプローチが良かったら定番にしても良いぐらいの斜面でした。
尾根トレースで時間を食って
もういっちょ登り返す前にランチタイム

安定のカップヌードルマスターは健在(笑)
クラシックルートの角小屋峠の登り返し

先行トレースってありがたいね〜。
楽チンして峠越えしてドロップ

いつものオープンバーンがまだ手付かず!
美味しく頂きました!
その後どうするか?
目指すは箙岳&蒲原山。でも時間も天気も微妙

取りあえず登って様子見ましょう〜と半分騙しながら箙岳を目指す
最初こそ行くかどうか悩んだけど、途中からは箙に行くと決めてました(笑)

1時間半ほど頑張って箙岳山頂に到着!
来ちゃったね〜。今年はなんも見えん山頂でした。
時間は14時。
天気もこんなだからさっさと降りましょう。

箙岳の北西面は疎林で一定の傾斜が続いていい斜面なんです実は。
だから、こんな遠い箙岳に来たんです!

もちろん貸し切り!
標高差250mほどのヒャホーーーー!!
視界があれば最高だけど
文句言ったらバチが当たる!

極上斜面や〜〜!!
きた甲斐あったで〜〜!!
その後沢に降り立ち、
もうひと登りすればさらに滑れるけど、さすがにそれは却下(笑)

大人しくトラバースして木地屋の正規ルート目指す
天気が天気だけに、地形図とGPSを駆使して滑り降りる

最後の方はメロウなパウダーロングランでコース復帰
マーキングが過剰な気がするけどね
長い長い、いつもはストップスノーでウンザリする林道も

今回は冬景色の中の、快速パウダー林道でした!
下山は4時近く
お疲れ様でした!

8時間フル活動のパウダーロングツアーでした!
毎年こんなだったらいいんだけどな〜。

来シーズンはどんな雪が待ってるか?
飲んだくれ蓮華温泉ロングツアー来年もやります!

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 写真購入サイト 30days
  • 高鷲スノーパーク
  • 杉村航 フォトグラファー