ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2019/1/27  晴天パウダーフォトツアー!vol 2

最近はすっかり釣りキチ航になってますが
登れて滑れる泣く子も黙るスキーカメラマン「杉村航」フォトツアー第2回目!

昨日はゴン降り、今日は晴天!
最高のコンディションでしょ〜〜!!


と向かってみるといろいろありました。
まぁ良いのが撮れたからいいけどね

晴れ晴れ〜!しかも昨日はドカ雪

ピーカンパウダー間違いなし!
逸る気持ちを抑え出発!

晴れ予報が出るとバタバタと直前で申し込みが入り、蓋を開ければ満席
事前に申し込んで頂くと嬉しいんだけどな〜(本音)

ともあれ、行ってみよう〜〜!
何処に行こうか・・・。

ハクノリも考えたけど、上は強風、しかも絵になる急斜面は大きくて
雪の不安定要素も気になる。

しかし、ええ天気やな〜〜天気よすぎて雪死にそう・・。
狙ったのは人のあまり来ない、天狗原南斜面

天狗原はそこまで風も強くなくて快適
日射面の雪の状態も気になるし、雪も少し不安定な気配もある。

気を付けて行くべし。
さあ行くぞ!
となったらガスが沸いてくるって言うBCアルアル

誰や〜日頃の行いが悪いのは!
しばしガス待ち・・・。

それはガス待ちの後の一発目に起きた
アバランチアクシデント
幸い埋没もケガも道具のロストもなく、問題なかったけど
完全にヒューマンファクターによる判断ミスでした

自分への戒めも込めて以下簡単な経緯
※斜面選択
・言い訳じゃなく雪の不安定要素は認識していた⇒その為ハクノリの大斜面はパス
・狙った斜面の急なノール地形は避けると判断
・吹き溜まりのスキーヤーズライトの斜面も、最初は避けると判断
※ヒューマンファクター
・撮影ツアーの為、斜面を汚したくないのでしっかりとスキーカットをしなかった。
・撮影ツアーの為、最初にガイドが滑って雪の安定度を確認せず、上で滑るライン説明することにした。
・今思えば、滑る前に隣の沢から聞こえた大声は同じくアバランチアクシデントだった
 にも関わらず、最近雪が安定していたので恒常性バイアスがかかってしまった。
・最初に避けようと判断していた斜面が、いい光が入って見栄えがするので、OKの判断に変えてしまった。
※結果
・サイズ1,5〜2 破断面20cm〜40cmほど
・すべり面は確認してないが降雪結晶か??

今回は滑り手が上手く、破断も上方ではなく薄く狭かった&斜面の形状も良かったので事なきを得たにすぎません。
ただ運が良かっただけ。
これからは、もう一度気を引き締めて、ヒューマンファクターで判断を誤ることが無いようにガイディンしようと思います。

気を取り直して撮影続行

もちろん斜面は選んでね
時折入る光を狙ってドロップ!

良い雪があるなら、後は光で決まる!
日が当たっている斜面もそれほど雪が死んでない!
バックが青って言うのは、やっぱり絵になるね!
スプレーに日が当たるとカッコイイ!
みなさんそれぞれ

キメる!
あちょ〜!

イイスプレー上がるけど、欲を言えば青空欲しい〜〜!
でも、ガスはガスで絵になる。
意外と力むと上手くいかないんだな〜
ガス待ちやらなんやらで時間がかかったけど

天気は夕方まで良い予報なのでもう1本いきますよ〜
と森の中へ
2本目の斜面

さっきより雪がイイ!!
おリャー!!
雪煙を引いてカッコいい〜〜!

惜しむらくはもう少し光プリーズ!
でも淡い光もいいゾ!
決まってるけどテムレスが・・・(笑)

撮影の時は細かいディティールまで気を付けましょう
この動きのある1枚

自分的にはコレが今回の一番!
最後に自分の1枚

なんかイマイチ・・・。
ガスが掛かったおかげで、降りてきても雪が死んでなくて
最後までパウダーでした!
いろいろありましたが、無事終了!

結果的にはみんないい絵が残せてよかったよかった

プロのカメラマンに自分の滑りを撮ってもらうために、パウダーを求めて歩き回り
そして良い雪滑って、降りてからお茶しながら(ビールで乾杯なら尚最高)
雪と滑りの話が弾む

なんとも贅沢な大人の遊びだね〜。
次回は2月16と17日です!!


ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 写真購入サイト 30days
  • 高鷲スノーパーク
  • 杉村航 フォトグラファー