山のぼり ツアーレポート

2021/9/12  大笠~大門縦走など、北陸5座

ブナオ峠へと続く富山県道54号の土砂崩れによる通行止めは、今年も開通されず…。復旧まではまだまだ年月を要しそうです。

ガイドの竹林です。

毎年恒例の北陸の300名山5座を3日で荒稼ぎするツアー。
昨年の富山県道54号の土砂崩れでブナオ峠へ車で上がれなくなってしまいました。
2日目の大笠山〜大門山の縦走の難易度がグッとあがってしまいました。

初日は名古屋駅9:30に集合。
名神の工事の影響で、白山・白川郷ホワイトロードの三方岩隧道に到着したのは13:20でした。

13:25
三方岩岳に向けて登山開始。
三方岩岳まではサクサクっと35分ほど。

14:00
三方岩岳。
30分で下山し、ここから富山県南砺市の夕霧峠に向かいます。
夕霧峠にまでは白川郷から1時間30分弱。

15:59
奥医王山へ向けて登山開始。
288段の階段を登りきると見返り大杉。
16:20
奥医王山到着。
午後からの登山で300名山を2座登ってしまいました。


16:44に下山後、宿泊先の赤尾館まで40分程度の移動。
翌日は早朝からの行動なので早めに就寝します。
翌朝は3:30に朝食を準備していただけました。
こんな時間に朝食をセットしてもらえる旅館、他にはないですよね。赤尾館さんには本当に感謝です。

4時に宿を出発、桂湖の登山口には15分ほどの移動。
一旦ゲストの方々を登山口で降りてもらったあとに500メートルほど離れた駐車場へ車を停めに行き、準備を整え登山開始は4:28でした。
まずはハシゴ、鎖場を慎重に通過します。
雨が降っていたこともあり、明るくなり始めたのは5:30を過ぎてからでした。
7:16
前笈に到着。
ここで大笠山までの中間点くらい。

雨は降ったりやんだりを繰り返しています。
蒸し暑いです。
8:44
旧避難小屋に到着。
ここから5分ほどの所に水場があります。
旧避難小屋を過ぎるとガスガスになって来ました。
霧雨状態です。
山頂直下にある避難小屋。
とても綺麗ですが、収容人数は5名ほどの小さな避難小屋です。
9:47
大笠山到着。

ここから長い縦走が始まるのですが、ご覧のコンディションです。
残念ですが、コンディション不良により大門山への縦走は諦め、ここから桂湖まで下山する事としました。
下山時は陽が差すこともありましたが、稜線はずっとガスの中でした。

14:30
無事に桂湖に下山。
300名山5座登頂ツアーは残念ながら4座となってしまいましたが、3日目は7:00に宿を出発。

7:38
人形山へ登山開始。
人形山の登山道はとてもなだらかでお気楽な道です。
8:33
第一休憩所。
9:51
宮屋敷跡に到着。

ここに来ると一気に視界が開けます。
この日は高曇りでしたが、北アルプスがよく見渡せました。
宮屋敷跡を過ぎてから稜線にあがるまではほぼ水平な道をサクサクと歩きます。

日差しがあると暑いですが、風はとても爽やか。
すっかり秋になった感じです。
10:36
人形山と、三ケ辻の分岐点でもある稜線に到着。
10:59
人形山山頂。

ここは360度の大展望です。
14:17
無事下山完了です。

この付近には五箇山荘とくろば温泉という温泉施設があるのですが、現在は新型コロナ対策の為休業中…。
という事で再び赤尾館さんにお願いして、下山後の入浴に立ち寄らせていただきました。赤尾館さんには本当にお世話になりました。

帰りは名神工事の影響もあまり受けずに順調に名古屋駅で18:10頃に解散でした。

ご参加下さったゲストの方々、メインの大笠山〜大門山の縦走はできませんでしたが、とても楽しい3日間でした!ありがとうございました!!
またお会いできる事を楽しみにしております!

ページトップへ戻る