山のぼり ツアーレポート

2021/5/29  根尾・屏風山 蕎麦粒山

美越国境の藪山。
根尾?風山と蕎麦粒山です。

ガイドの竹林です。
今回は美越国境の2座を巡るツアーです。

当初募集をしていたのは?風山をメインターゲットとしたツアーで、初日は軽く足慣らしに瓢ヶ岳を登る予定でした。
ですが今回お申込みいただいたお二人のゲストのリクエストにより、初日が瓢ヶ岳から揖斐川町(旧藤橋村)の蕎麦粒山(そむぎやま)に変更になりました。
そのため名古屋駅での集合時間が早くなり、AM7:00に名古屋駅でお二人と合流後、蕎麦粒山の登山口に移動したのは8:45頃。登山の準備を済ませ9:00少し前に登山を開始です。
まずは駐車スペースの目の前の大谷川を渡渉します。
天候の悪い日には渡れなくなりそうな感じなので、雨の日の登山は控えた方が良さそうです。
渡渉後この尾根を登ります。
草が生い茂っていますが、踏み跡はハッキリと分かります。
登り始めから標高差500メートル程を一気に登ります。
まだ5月だというのに樹林帯の中はとても蒸し暑く、汗が噴き出してきます。
最初の尾根での草藪はこんな感じです。
時折足元を覆いつくすように濃くなる所もありますが、基本的に踏み跡はしっかり確認できます。
稜線に出る手前辺りから樹木の間に目指す蕎麦粒山が姿を現します。
稜線に出てからは細かいアップダウンを繰り返しながら緩やかに標高を上げて行きます。
この辺りが一番藪の濃い場所でした。
笹から灌木が多くなり、所々踏み跡が見つけにくい場所もありました。
12:30
蕎麦粒山山頂に到着です。
二等三角点と標識
下山は来た道をピストンです。
15:09
駐車スペースに帰還です。

このあと50キロ弱移動し、樽見鉄道の終着駅周辺にあるお宿住吉屋さんへ移動です。
明けて30日は早朝4:30にお宿を出発。
そこから小一時間かけて?風山の登山口がある河内谷の林道を進みます。

かつては登山口まで車で乗り入れられた林道ですが、現在は土砂崩れの影響で約5.5キロ手前の所でゲートが設けられています。
更にここ最近でまた土砂崩れが相次いでいるようで、そのゲートまでも乗り入れられない状態でした。ゲートの500メートル程手前の広い場所に車を駐車し、そこから1時間強徒歩で登山口まで移動します。
午前7:00
ようやく登山口に到着しました。
?風山は一般的な登山地図や、国土地理院の地形図には登山道は記されておりませんが、このようにしっかりと登山道が存在します。
まずは河内谷におりて、そこから屏風谷に取り付きます。
最初の堰堤を左側の梯子を上り、しばらくはこの屏風谷を右に左に何度も渡渉しながら奥へ奥へと登ります。
30分ほど進むとクマよけの炊飯器のお釜があります。
これを打ち鳴らし、熊を寄せ付けないようにします。
ここの場所のすぐ手前の所で谷が二股に分かれており、どちらに進むのか多少ウロウロしましたが、ここは左手の谷が正解です。
ここから一気に急登が始まります。
特に最初の標高差50メートル程はロープや木の根っこを掴んでよじ登るくらいの急登です。
倒木も何ヵ所かあります。

標高は300メートル程の急な尾根を登り切り、8:42稜線に出ます。
ここからは藪の稜線です。
前日の蕎麦粒山と同様踏み跡はしっかりとついていますが、こちらの方が藪は濃く、歩くのに少し時間を要します。
?風山の立派な山容です
最後もなかなかの急登です。
足元の踏み跡をたどりながら藪のトンネルを登って行きます。
屏風山の山頂に着いたのは10:13でした。
この日も下山はピストンです。
グイグイよじ登った斜面はロープを頼りにクライムダウンでおります。
12:48
屏風谷から林道に到着。
そして14:00ちょうど、林道ゲートに着きました。

今回で日本の山1000、そして岐阜100山に2座を踏破しました。
2日連続の藪山お疲れ様でした!

下山後は谷汲温泉にて入浴後、17:55頃名古屋駅にて解散。
参加されたお二人のゲストの方々、どうもありがとうございました。
またご一緒出来ることを楽しみにしております!

ページトップへ戻る