山のぼり ツアーレポート

2021/5/25  夫婦クライミングでスキルアップ

経験したことがない技術を身に付けるには当然努力は必要。
ただサクッと身に付けられるか、時間を要するかはその人の過去の経験が大きく影響しますね。
今回はセミナー参加3回目にして3級プラスのルートをリード&フォーロー。そして懸垂下降。アルパインクライミングの一連の流れをご本人たちだけでクリアできました

この日担当ガイドは「独り立ちできる経験を与えたい」がテーマでした。
午前中はクライミングロープのあしらいを練習。
実際に岩場に到着するまでのアプローチもロープ確保を必要とする多々場面があるんですよね。
なので、経験上位者が下位者をサポートするためのいわゆるショートロープやタイトロープ、そしてロープの捌き方を・・・
やる事、覚える事はたくさんあるんです。

ちょっと多過ぎたかも?
ムンターヒッチを使っての下降方法をお勉強中。
ハーネス無しでもロープ(この時は30m/8mm)とカラビナ2枚あれば崩れた箇所は気軽に降りられる実践講習。
アンカーは? 日本の山にはたくさん木が生えてますから・・・
午後、いよいよマルチピッチをイメージしたリードクライミング。
前回の参加は1ヶ月前。
忘れていることも多いようで・・・
「昨夜、復習しようと思ったんですけど、ビール飲んだら寝ちゃいました (笑」 だって。
まぁ人はそんなもんです。
でも妻のケアをする旦那。優しいわ〜
ラッペルステーションでのセルフビレイのセットを復習。
なんとなく覚えていてくれたので、復習も素早く完了。

1本目は、さすがにガイドも怖いので横を登り、確実にセットできているかをチェック。
懸垂下降もセットを確認して・・・あとは放置!  ( ^ω^ )
いよいよ2人だけでクライミング。
正しくセットできてるか確認し合う姿がいいね〜
旦那登る。妻見惚れる?
セットのタイミングはトランシーバーで指示するだけのガイドでした。
クライミングとロープワークのコンビネーションは重要ですね。

最後におさらいの1本を登って本日終了。
宿題は「次回参加までに二人でここで2日間の事前練習をしてきてくださ〜い」
いつもお金を払って参加する必要はなし。自分たちでできることは自分たちで!
お金が余ってるなら私に生中と冷奴を奢ってくださいね。
ではまた

ページトップへ戻る