山のぼり ツアーレポート

2021/4/30  残雪の湯殿山

出羽三山の一つ湯殿山に登って参りました。
山頂での展望は真っ白で何も見えませんでしたが
緩やかな斜面、今度はBCスキーで訪れたいと思いました。

登山前日に山形駅近くのホテルの1階ロビーに
午後6時に集合。
登山当日は朝7時にホテルを出発。
1時間程で登山口のある
山形県立自然博物園に到着です。
スタート時から雨が降っていたので
自然博物園の屋根の下で準備させてもらいました。
出発は8時20分頃。
標高820mと高めな所からスタート。
登山口からアイゼンを履いて歩き始めました。
スタートから1時間ぐらいは
山形県立自然博物園の遊歩道沿いを歩きます。
所々、雪融けの落石や藪が出ている所もありましたが
雪はしまっていたので踏み抜くことなく
歩きやすかったです。
斜面沿いをトラバースする時は
足を滑らせて、川に落ちないように
注意して進みます。
1時間程歩いたら遊歩道沿いを外れて
湯殿山の南東に伸びる尾根に取り付きます。
地形図の中央の「石跳川」の「川」の文字の右側の緑の◇
辺りから南東尾根に取り付きました。
地形図だと崖のマークですが、現場に向かうと
ここだけが雪の斜面が残っており、
上手く南東尾根に取り付くことができます。
赤線は登り下りで歩いたルートを示してます。
湯殿山の南東尾根は緩やかなので
非常に登りやすいです。
地形図にも明確な登山道はないので
自分でルートファインディング(地図を読むこと)
しながら登っていく楽しさを味わえます。
標高1,100mを過ぎるとガスってきて
辺りは真っ白で風も強めに吹いていました。
標高1,400m辺りの笹藪が少し風を和らげて
くれていたのでここで一息入れて、
山頂までの最後の登りに備えます。
所々、雪が割れてクラックができていました。
落ちないように注意して進みます。
大きな雪壁。
写真では分かりづらいですが
2~3mくらいはありました。
雪壁は笹藪側に避けて迂回すれば
進めました。
雪壁を過ぎてしばらく進むと
標高1,500m湯殿山山頂に到着。
登山開始約2時間20分。10時50分頃でした。
山頂の標識はなく藪の中に
標高点を示す石柱だけがありました。
下山は往路を辿り約1時間30分。
12時20分頃に登山口の山形県立自然博物園に到着しました。
ホワイトアウトで展望はありませんでしたが
無事に登頂、下山できて一安心。
ツアーにご参加頂きありがとうございました!
また、次回もご参加ください。

ページトップへ戻る