山のぼり ツアーレポート

2021/4/24  黒法師岳と熊伏山

南アルプス深南部にある熊伏山と黒法師岳に
登って来ました。
熊伏山は日帰りで行ける山ですが、崩壊地など
難所を歩く所もあり、短い割に内容の濃い登山が楽しめます。
黒法師岳は長い林道歩きと、急な等高尾根を登った先の
稜線の笹藪歩きが、訪れた者にしか分からない、
なんとも言えない癒しを与えてくれるやまです。

集合はJR浜松駅に9時45分。だったのですが、、、
ガイドの電車乗り間違えで10時19分に。。。
お客様には貴重なお時間の中、お越しいただいたのに
大変、ご迷惑をおかけしました。
この場を借りて再度、お詫び申し上げます。
すみませんでした。
仕切り直して、浜松駅から青崩峠入口塩の道登山口までは
車で2時間30分。途中コンビニに寄り、
行動食の購入やトイレ休憩を済ませます。
塩の道登山口を13時頃出発。
軽い足慣らしがてら、石畳の敷かれた歴史深い
古道を登っていき、青崩峠まで。
全国各地にある塩の道の一つであり、
古くは遠州から、信州への塩や海産物の運搬だけでなく、
戦国時代には武田信玄の軍勢が南進するために利用したり、
秋葉街道とも呼ばれ、信州から遠州への秋葉神社の参拝の
峠越えにも利用されていたようです。
青崩峠と言うだけあって、熊伏山山頂に向かう登山道沿いは
所々、崖崩れを起こしていて
ヒヤヒヤとするところもあります。
フィックスロープが張られていますが、
体重を預けてもよいロープではないので
気を付けて通過しましょう。
14時30分。登山道開始から約1時間30分。
標高1,613m前熊伏山です。
尾根上は青崩峠、熊伏山、観音山からの三叉路に
なっており熊伏山へ真北の方面に進みます。
前熊伏山から緩やかなアップダウンを
繰り返し約20分程で
標高1,654m 熊伏山に到着です。
下山は往路を辿り約2時間。
登山口に到着したのは17時頃でした。
今回ツアーでお世話になる「中村館」様。
右手の奥の建物です。
入口のモミジもですが
お風呂もヒノキ風呂で良い雰囲気でした。
海も山も近いのが静岡県の良いところ。
夕食は海の幸、山の幸の両方が味わえて贅沢でした。
明日の朝は5時に宿、出発と早いので1日目は早めの就寝です。
朝食はおにぎりのお弁当と、簡単なおかず、お味噌汁を
4時30分頃に用意していただき、「中村館」様を5時に出発しました。宿から登山開始地点までは車で約1時間。
水窪ダムを渡り、林道をひた走ります。
歩き始はだいたい6時頃でした。
林道の沢沿いには、迫力ある滝がいくつもありました。
足を止めてじっくり感傷に浸りたいところですが
崩壊地からの落石やツアー行程の長さなどを考えると
ここは足早に通過することにしました。
林道を歩くこと約6km。
約1時間30分程の道のりをへて
7時30分頃に黒法師岳の登山口に到着。
ここからようやく、本格的な登山の開始です。
登り始めから、いきなりの急登です。
細かい石や砂利で足元が不安定になりますが
ゆっくり、焦らす第一目標「ヤレヤレ平」を目指します。
標高1,508m
9時頃にヤレヤレ平に到着です。
登山口を登り初めて約1時間程で登ってこれました。
ヤレヤレ平の少し先に
市川戻りと言う場所があります。
痩せ尾根で崩壊している箇所もあるので
注意して通過します。
市川戻りから先はより一層険しく、急な登りが始まります。
根や枝を掴んだ登りと、足を高く上げたハイステップなど
緊張感が増して、身が引き締まります。
市川戻りから先はより一層険しく、急な登りが始まります。
根や枝を掴んだ登りと、足を高く上げたハイステップなど
緊張感が増して、身が引き締まります。
弁当転がし、等高尾根から黒法師岳の稜線に出る手前の急登。
急なだけじゃなく、獣道も多く、細かな落石もあり 
今回のルートの核心部と言っても良いかもしれません。
ルートミスをしないように、落石に注意して
一歩一歩をゆっくり登っていきました。
等高尾根、黒法師岳、丸本岳の三叉路の分岐。
ここから見る黒法師岳、バラ谷の頭方面の
笹藪の稜線は今にも走って駆け出したくなるような感じで
絵になります。
左側から目指す黒法師岳、右側がバラ谷の頭。
等高尾根分岐から少し歩き、黒法師岳の登りから
南アルプス深南部方面を振り返ります。
曇り予報が出てたので、思ってた以上の好天に
心も晴れやかになります。
バラ谷の頭、丸盆岳、黒法師岳の分岐
もう少しで黒法師岳山頂です。
黒法師岳登山口から約3時間。
11時頃に標高2,068m黒法師岳に登頂しました。
稜線の笹藪を歩いてるときは多少、風がありましたが
黒法師岳山頂は周囲を樹林に囲まれている影響もあり
ほとんど風を感じることなく過ごせました。
山頂は展望もきかないので写真を撮るときは
バラ谷の頭の分岐で撮るのがおすすめです。
下山は往路を辿り黒法師岳登山口まで約3時間
登り以上に滑落や落石にきを配りながら下りてきてため
登りと同じくらいの時間がかかりました。
登山口からはまた6kmの林道を落石に注意しながら歩き
車を止めたゲートに到着したのが15時30分頃でした。
最後になりますが、皆様林道の運転にはご注意下さい。
今回のツアー最後の最後にまたトラブルが。。。
林道を運転中に車のタイヤがバーストしてしまいました。
お客様には大変ご迷惑をおかけしました。
帰りの新幹線のお時間などにも影響が出てしまったこと
再度お詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。
お客様のありがとう、登頂できて良かったなどの
言葉を励みにこれからも精進して参ります。
ありがとうございました。

ページトップへ戻る