山のぼり ツアーレポート

2021/4/16  クライミングは楽しい!

今回は長くパワーゾーンの登山プランに参加していただいているAさんも大阪から参加。齢70を越えてもなお技術の習得を目指す姿に感動しました。
年齢に関わらず筋肉もつく、技術も上達すると言われる時代。
楽しみながら習得しましょう

愛知県豊田市の岩場:南山(なんざん)も春。
新緑がきれいになりました。
まず、朝イチではリピーターのIさんがリード!
朝、まだ身体が寝ている状態で登るのは怖いけど「この人なら登れる」というコーチの見立て。
予想通り、怖い怖いと言いつつ安定したクライミングを見せてくれました。
今回は初参加の方も2名参戦。
こんなところをいきなりですか!と叫び声も聞こえましたけど、トップロープですから・・・

でもまだトップロープの意味がわからない。
最初は恐々。徐々に慣れて登り方というか足の使い方や姿勢などを矯正したら・・・ぐ〜っと上手くなって、最後の帰り際には「クライミング、楽しいです」だそうです。
催眠術のような指導ですよね。
登ったら降りる、これ登山常識。
降り方は懸垂下降。
クライミング経験のない方も一度はやってみたいと思うようですよ〜。
リピーターのお二人は・・・
マルチピッチクライミングで随時登攀するときのビレイシステムを復習中のお二人。
コーチが一方的に教えるよりも自分たちで確認し合う方が理解度は深まる場合もある。

時を進めて(時を戻すの反対)
初参加方も懸垂下降を体験
とにかく登る。基本的には登った距離が上達に結びつくというシンプルな考えから、とにかく登る。
登るのにも工夫がある。今回はスティックスクライミングで一気に上達できましたとさ。( ^ω^ )
貪欲に登って4時30分解散
雨にもほとんど降られずにラッキーでした。

ページトップへ戻る