山のぼり ツアーレポート

2021/3/27  残雪の鉢盛山 2回戦

目まぐるしく天候が変わる3月。1日〜2日でガラリと変わる予報に翻弄されますね〜。
今回は週末土曜日と日曜日の2回戦。土曜日は暑い1日の晴天下の登山。日曜日は・・・20mの強風と小雪の登山。
どちらも同じ山でしたけど、全然違う!
まぁ予定通りに登れたから◎

松本駅前に前泊した翌日am7:00ホテルを出発。
コンビニに立ち寄り信州野麦峠まで1時間。
準備を整え、8:20から販売されるリフトチケットを購入して8:30リフトに乗車。
実はこのスキー場で10年間スキースクールを経営していたので勝手はよくわかっているのです。
写真は2本のリフトを乗り継いで上がるゲレンデトップ(約2100m)
背後の白い山は御嶽!
ゲレンデTOPを9:00出発
風なく穏やかな朝。
少し登ると八ヶ岳連峰が!富士山が!南アルプスが!中央アルプスが!乗鞍岳が!
「が」ばっかりです。
スタートポイントと鉢盛山の山頂との標高差はないけど、アップダウンあるし、何と言っても子鉢盛山の大下りがあるからね〜
スタートから山頂までMAX3時間30分に設定。12:30頃に山頂を出発しないと下山のリフト(4時終了)に間に合わない計算。
1時間少々登ると・・・
目的地の鉢盛山が遠くに見えたぞ〜
まずは小鉢盛山目指して。
雪は意外と締まっていたのでアイゼンで楽々登山。
鉢盛山の直下にある平を「鉢盛り平」と命名
この平の端から山頂まで1時間!

12:15に到着。電波反射板のあるところが展望良好。
目に前には穂高連峰。そして浅間山や火打山などこの日は全方向の山が眺められた1日
穂高連峰を拡大
こっちは乗鞍岳
こっちは御嶽山
山頂の案内版は木陰にひっそり

12:35に山頂から降り始めて、ゲレンデ近くでショートカットLINEを取り、リフト乗り場に3:40到着。
リフトで下山してpm4:00下山完了。
翌日も前日と同じ行程。
違うのは・・・天気

樹林が防風林なので風は強く感じない。でもゴーゴーとうるさい1日
小鉢盛山辺りからは樹氷?霧氷?が木々を覆ってる。
今シーズン最後の雪も降ってきた。
いや待てよ、来週は西穂高だ。となると雪に降られるかも?と頭の中で考えながら、撮るものもないので身近な物ばっかり撮ってました。
これはLINEで女房に送った写真
これは友人にLINEで送ったな。

返事は一言「また山か。明日飲もうぜ」
私からの返信は「そんな時間はない!」
で、こちらが山頂でのワンショット。
風が強いので木陰に隠れて10分休憩。
やっぱり12:30に山頂を出発してリフト乗り場にpm3:40着
毎回ギリギリです。

ページトップへ戻る