山のぼり ツアーレポート

2021/2/21  三上山と金勝アルプス縦走

三寒四温とは言いますが、2月の冬空の下、寒風に晒されながら登よりも暖かい方がいいな〜と思っていたら天が味方してくれた!
ありがと神様

近江富士とも呼ばれる三上山
端正な形の山ですね〜
超人気の山ですよ。新幹線からも名神高速道路から意外と近くに見えるので「あの山だ!」と気付いた人もいるでしょ?
名古屋駅10:00スタートで、新名神を走って途中のSAで休憩。
それでもお昼前に登山口に到着
国宝「御上神社」
無料の駐車場に無料のトイレ。目の前にはコンビニ
まるで登山者のために建てられたような神社ですね〜
神社から登山口までの田畑にはタンポポの花が咲いてるし、イヌフグリのかわいい花もしてるし、菜の花も咲いてるし!
もうここは春
表登山道から登る予定を変更。
裏登山道から反時計回りに登ることに決定。
理由は単純。表登山道の方が全体的に傾斜が緩いので下りが苦手と泣き叫ぶ(そんなことはないな)ゲストに配慮したわけです。
なんと優しいガイドなんだ俺
ここは雌山というちっちゃなピーク。一番上の写真の左のコブです。
さらに裏登山道び急斜面の直登コースを選択。マジに急登。でも大した距離でもないしね。

スタートから1時間ほどで山頂 13:30到着
御上神社の奥の院の裏が一番高いところ。
ベンチもあるしね。
山頂の前は展望台。
翌日に登る金勝アルプスが見えてました。
琵琶湖も見えたし、いい景色。
下山は表登山道。岩場が多い道だけどそれなりに面白い。
大きな岩が二つに割れた「割岩」

割れたところを通過できるけど、肥滿体は絶対に通れない幅。
で、私たちは・・・ザックを背負ってるので通れませんでした。
ザックがなければ問題なし、たぶん問題なし、きっと問題なしだったはず。
三上山から下山して守山市のホテルにチェックイン。
夕食はホテルの2階の居酒屋で北海道の味に舌鼓。
安くて量は多くて美味しくて・・・満足満足

そして午前8時にホテルを出発。
登山口の駐車場に置車して(協力金700円)鶏冠山の尾根ルートを選択して登山開始。
落ヶ滝という名の知れた滝があるにはあるけど、雨後以外は普段は滝水は落ちてないただの岩の壁。
なので尾根ルートを選択。
8:30のスタートからのんびり登ってちょうど1時間で稜線に立てた。
梢の隙間からは前日登った三上山。
どこから見ても目立つ山ですわ
サクサクと登ったかどうかは別にして、最初のピーク「鶏冠山」ケイカンザン
鶏冠山とは呼ばないようですよ。
鶏冠山からダダダダダダ〜〜〜と下って、落ヶ滝からのルートと合流するも休憩取らずに登る我らが山楽会
岩場が多い山です
こんな岩もあって飽きない縦走路
特別名前があるポイントではないけど、景色がいいのでみんなここでひと休み。
目の前には天狗岩
だんだんと岩が多くなってきて「楽しい!」「面白い!」と連発のゲストさんたち。

来てよかったわ〜と聞こえた時はガイドも嬉しかったな。
目の前の尖りが「天狗岩」

〇〇山とかいう名前じゃないんですよね。
で、天狗岩の山頂。
10名くらいなら余裕で立てる岩が山頂
重い思いに写真を撮って10分ほど過ごして次の人たちに交代。
天狗岩から白なんとかという分岐から竜王山まで500m
アップダウンはあるけどここは押さえておくべきピークですしね。
山頂横には金勝寺の奥の院。
水の神様を祀ってるそうで・・・

今日は雨はいりませんよ
山を降りても楽しみの多い金勝アルプス。
高さ6mのこの磨崖仏が最後のお目当て。

よく掘ったもんだ。
ということでスタートから5時間30分の楽しい縦走が終了
駐車場に午後2時到着。名古屋に帰る前に天然温泉でさっぱりしてから雪の伊吹山を眺めながら5時30分前に名古屋駅で無事に解散。

ページトップへ戻る