山のぼり ツアーレポート

2020/12/5  2020年忘年山行

一等三角点を二山ゲット!屏風連山を登って今シーズンを終了

名古屋から北陸自動車道をひた走り南条インターへ。
ここでランチ。
晴れ予報はハズレて小雨のこの日。
当然ですが、山頂直下まで車で上がり、山頂まで2分!
一等三角点の矢良巣岳です。
なにも撮るもの無し?
いえいえ一等三角点があります。

展望は良いとは言えませんけどね
この日の宿は山中温泉。
チョイスしたのは湯畑があるという温泉ホテル。

ちょっと残念な湯畑でしたが・・・まぁ良しとしましょう。
2日目。朝食をいただいてから45分の移動で一乗城山の登山口「八幡神社」に到着。

神社前の空き地に置車して右に伸びる林道をしばらく進むとココが登山口。
のっけから急坂!
道標はしっかりしてるけど、前日の雨でぬかるんだ登山道は滑る〜ぅ!
どんどん登って山頂までの後少しのところに不動清水
確かに水が溜まってました。

城があるときは貴重な水場だったんでしょう
不動清水からちょっと登ると千畳敷跡。
宿舎やなんやら広く平らなところに建物が立っていたようです。
千畳敷の端にいくと眼下には、たぶん福井市の街が!
下山路の分岐を経て山頂まで跡10m
山頂らしくない山頂でした。
登りとは別ルートで下山して、道路に出たところで戦国武将「朝倉家」の遺跡がありました。
とぼとぼ850m歩いて登山口に帰着。
つづいて向かうは白椿山
どうにも解りにくい登山口発見。
ここから山頂までゆっくり歩いて15分
山頂に立った証明写真
展望はというとこんな感じ
登り口に戻って、Uターンして5分で一乗山の登山口。
この山も最初は林道跡を歩いて、途中から左の斜面に取り付いて山頂まで15分
林道を歩いていると、つい先ほど登った白椿山が丸いドーム状の山頂を見せてました。
林道から外れて5分。この上が山頂です
山頂の東側は切り開かれたようで、荒島だけが存在感を見せてました
一等三角点の一乗山です。
この後、登り口に戻り2車に別れて帰宅の途に。
名古屋駅には5時半頃に到着。

みなさん良いお年を!

ページトップへ戻る