山のぼり ツアーレポート

2020/10/31  筆頭岩クライミング

妙義シリーズ第一弾

中ノ岳の傍らにある岩峰「筆頭岩」(ひっとういわ)

お手軽に登れて展望も抜群で
妙義を歩く前の足慣らしに最適

今年は晴れ男(誰?)のお陰で
これ以上ない秋晴れっぷり!!

爽快クライミング!

まぁ見てくださいよこの青空
これ以上何を望むのか・・・?

てな具合の文句の付けようがない秋晴れ!

さくらの里で準備して出発
暖かい、と言うより暑いぐらいの気温

落石に細心の注意をしながらアプローチをこなし
岩場に取り付く

もちろん岩はカリカリに乾いている
先行者も無し

快適この上なし
筆頭岩はクライミングと言うより岩稜を歩く感じ

難易度で言うと、ジャンダルム辺りを鎖無しで歩くぐらいか?
難しすぎず、でも高度感は抜群!
今回はガイド2名で2チーム

PZのニューフェース竹林ガイドも真面目顔でビレイ中
ちょっと緊張気味か(笑)

表妙義の縦走路から派生する尾根上にあるので
周りに高い山が無く展望は素晴らしい

紅葉が始まった妙義を眼下に高度を上げる
バックに聳える金洞山(中ノ岳)

4〜5ピッチ山頂
明確な終了点がある訳ではないので
切り方でピッチ数は大きく変わります

フリクションは良い岩ですが
ちょっと脆いところもあるので要注意
皆さんの足前もいいので
急いでもないのにあっという間に山頂到着

あっぱれな青空を満喫しながら大休止
下りが普通に歩きだとつまらないけど
ここは懸垂で下山なんです

先ずは一段下のテラスまで慣らし懸垂

練習はしてきたけど本番は初めて
と言うゲストには丁度いいですね
そして、2発目の懸垂が本当に本番

約40mと長く
一部足の着かない空中含む

登りより、この懸垂の方が核心かもね
懸垂が終れば終了

帰りの道すがら振り返ると登ってきたリッジラインが良く見える

サクっと終わる筆頭岩ですが
極簡単なマルチピッチクライミングと本番の懸垂下降を味わえて
しかもアプローチも近い

お手軽だけどピリッとした登りと下りが楽しめますよ

【11:35】出発⇒【11:55】取り付き⇒【13:05】山頂⇒【14:10】懸垂終了

ページトップへ戻る