山のぼり ツアーレポート

2020/10/7  会津朝日岳

今年はラニーニャ現象だとか?
寒い冬になるとか?
雪も多く降るとか?

本当かどうか知りませんが
この秋は寒い気がする

紅葉の山を巡る(予定の)秋の東北ツアースタート!

毎年どこかで台風にやられるけど今年はどうでしょうね〜?

降りしきる雨の中、那須塩原駅に集合し
山の中をひた走る事約2時間

只見のホテルに前泊して次の日
雨は止んでいる

イワナ小屋を通り過ぎて登山口に着くと
先着の車が2台

この時期の300名山は平日でも人が居るね
準備を整えて出発

橋を渡り平坦な道をテクテク進む

前回来たときは薮が生い茂り
結構鬱陶しい道だったが今年は刈払いがしてある!

地元の山岳会?観光課?
ともかく、刈ってくださった方々、あざーす!
お陰で歩き易い道を進み

渡渉を2回
昨日の雨で水量を気にしていたけど問題なし
渡渉を終えて長ーい九十九折を登りきると
視界が開ける

天気予報はなんとも曖昧だったが
晴れ男の自分のお陰で(?)曇りで保っている

展望は無いけどね

んん〜紅葉を期待していたけどイマイチ

少し色づいているけど
まだ早い感じ

ついで曇りで光が少ないから映えないね
曇天の下、尾根を少し歩けば叶の高手
ここから山頂が見えた、んですが直ぐにガスに巻かれた・・・

その先にクロベの老木が鎮座する
存在感のある樹だけど樹勢が悪いね

【5:30】ホテル発⇒【6:00】出発⇒【6:25】第一渡渉点⇒【6:30】第二渡渉点⇒【7:45】人見の松⇒【8:10】叶の高手

折角登ったのに一度下って
少し行くと避難小屋

避難小屋で一息入れて
直ぐに最後の難所が現れる

ガスで上部が良く見えないが
只見らしいスラブの岩と草付きのミックス

泥と岩って言った方がいいかも?

いつ来ても濡れている気がする

なので結構嫌らしい
でも、まぁ登りは問題なし

問題は下り
その事は今は考えず山頂を目指す
最後に目の前の小高い岩場に登ると
そこが会津朝日岳の最高点

でも、山頂と言われる所はここじゃないんだな

この標高になると紅葉もいい色具合
最高点からほんの少し進むと本当の山頂に到着!

結局一番乗りでした

【8:40】避難小屋⇒【9:35】山頂
雨降ってないから雨男じゃない!
と言い張れるけど、ガッスガスで展望ゼロ・・・

登っている途中、晴れ間も見えたし
色付きだした只見の山々を見れるかと期待したけど残念(-_-;)
長居する理由も無いので
休憩もそこそこに下山

最初の泥岩場を冷汗かきつつ
薮とロープを鷲掴みにして突破

トラロープもくたびれてきてるから
そろそろロープを交換してほしいね
岩場を過ぎれば
難所も急な所も殆どないのでドドーッと下って渡渉点

若干水量が減った気がする沢を
問題なく飛び越える
登山口周辺は紅葉はもう少しだね〜

とか言いながら行よりも長く感じる平を歩いて終了

紅葉の時期を狙うならもう少し遅い時期の方がいい会津朝日岳でした

取りあえず雨は降らなかったぞ!(笑)
さあ〜この後の東北シリーズはどうか??

【9:50】山頂発⇒【12:55】下山

ページトップへ戻る