山のぼり ツアーレポート

2020/10/4  八海山〜中ノ岳縦走

麓の五日町の標高150m
越後三山最高峰中ノ岳2085m
標高差約1900m!!

ドカンとブッ立つ越後三山
標高以上にデカい

登り甲斐も下り甲斐も
滑り甲斐もありそうな立派な山である

秋の越後の山の縦走は
滑りの妄想を駆り立てられる山でした




今は無き、基礎スキーの聖地「浦佐スキー場」
若者は知らないだろうな〜・・・(笑)

そんな浦佐スキー場にほど近い浦佐駅に集合して
これまた八海山スキー場へタクシーで移動
(一台約6000円)

天気は上々
でも、ロープウェイからは八海山山頂は見えず
(ロープウェイ代片道1400円)
ロープウェイ終点は標高1100m
なので山頂もあっという間

日差しを浴びて残暑を感じながら
登ると今日のお宿が見えてきた
八海山千本檜小屋

山小屋と言うより宿坊と言う方が近いかな
聞いてみると里の3っつの神社が管理維持しているらしい
でも、ビールは売ってます!ご安心を(笑)

しかも、今日はなんと貸し切り!
週末前だと言うのにねぇ・・・。

お陰でのんびりと気楽に夕食まで過ごして就寝

【13:00】ロープウェイ乗車⇒【14:15】女人堂⇒【15:20】千本檜小屋
朝弁のおにぎりを頬張り
外に出ると焼ける空

天気予報は雲り
朝焼けなのでこれなら晴れるか?
とも思うが、駒ケ岳・中ノ岳に傘雲が掛かる

んん〜〜雨は勘弁してくださいお天道様
さすが!神社の小屋!

出発しようとしたら安全祈願のほら貝が!!
小屋番の方ありがとうございます!

ほら貝に背中を押されて出発
先ずは八海山の八つ峰を縦走

見た目通りの難儀な道を
攀じ登り攀じ下る

濡れていると鬼のように滑るので
乾いていてありがたい
本当に八つピークがあるかどうか
数えていないので分かりません(笑)

結構な数を越えて
一番急な鎖場を登れば最後の大日岳でした

イカツイお顔の八海大神様に安全祈願
大日岳の下りは流石にロープを出す

ここで失敗すると谷底まで真っ逆さまですからね
大日岳の下りで冷汗かいた後
縦走開始

先ずはちょいと歩いて
八海山の最高峰と言われる入道岳へ
天気も曇りながらも雨は降らなさそう

ここまでは至って普通の道

【5:30】ほら貝と共に出発⇒【6:50】大日岳⇒【7:40】入道岳
さ〜てここからが本番

濡れた薮で足元がしっかり濡れる
そんな不快感も吹っ飛ぶ気の抜けない道が続く

岩場もちょいちょい出てくるが
全体的に滑りやすい足元が多く気が抜けない

特に五竜岳から荒山までが悪い
多少アップダウンをしながら
オカメノゾキまでドーンと下る

下った後はやっぱり登りが待っている
先ずは岩っぽい細いリッジが続く

でも登りならば特に問題なし
ついでに今日は岩が濡れてないし
ところが!

出雲崎近くになると過激に急になって難儀する
薮を鷲掴みして攀じ登る
感想としてはこれを下りで使いたくないなぁ〜

ただ、出雲崎付近から
写真のように刈払いがしてあって薮が煩わしくない!!

整備してくれた方々ありがとうございます!
ついでに高曇りのお陰で暑くない!
オカメノゾキ標高約1250m
御月山標高1821m

ヒーヒー言いながら標高差約600mを登り上げる
鬼の急登の連続
なかなか登り甲斐のありまっせ・・・

【8:15】五竜岳⇒【10:05】オカメノゾキ⇒【11:45】出雲崎⇒【12:40】御月山
御月山に来ると中ノ岳がドーーン!!

おおっ!!

デカい!
この標高だと紅葉も見ごろだ!

と同時に
この斜面雪が付いて滑ったら面白そう
と思うスキーヤーの性(笑)
祓川で炊事用の水を汲み
重たくなった荷物
&疲れてきて足取りは重い

周りは金色の草原
バックには錦がかった駒ケ岳!
素晴らしいロケーション!
しかもさっきまでの登りに比べれば傾斜も緩く歩き易い

でも、小屋まで遠いわ・・・
遠くったって歩いていれば付くんです
止まらなければ(笑)

そんなこんなでやっと中ノ岳避難小屋に到着!
「やっと」って付けたけど充分に早い到着でした

【13:15】祓川発⇒【14:35】中ノ岳避難小屋到着

皆さんは中ノ岳の山頂に行ったりしてノンビリしてもらって
ガイドは祓川までもうひと往復するオプション付きでした(笑)

夕方になって雲が取れてきた!

しっかり歩いたご褒美の
サンセットショーを味わって就寝

しようと思ったんですが
最後に小屋に到着したパーティーの気の利かなさに呆れるばかり

「人のふり見て我がふり直せ」
みなさん気を付けましょうね。
迎えた朝

ゆっくりと起きて・・・と思ったけど
前出のパーティーに3時半に強制的にたたき起こされ

しゃーなく早く起きて
その代わりのんびりと朝食を摂って出発

中ノ岳山頂は直ぐそこ
【6:00】出発⇒【6:05】中ノ岳
今日は薮も濡れてない!
足元が濡れて不快になる事もなく

急な下り道を降りつつ
中ノ岳を振り返ると

滑ったら面白そうな斜面が見える
「これ滑って、あの沢に入ってそのまま下れるか?」
とか
「これ滑って、どこで登り返して・・・」
とか考えながら進む(自分だけ)(笑)
少々笹をかき分けながら進めば
兎岳山頂

ここは越後三山が全部見える展望の山ですね〜

【8:20】兎岳到着
この先は
まさに「たおやか」と言う表現がふさわしい道

紅葉も見ごろで
赤と黄色と笹の緑が織りなす錦が美しい!

惜しむらくは高曇りで光が足りない
小屋で一緒だった2パーティーと抜きつ抜かれつ進む

見た目通り
アップダウンも穏やかな至って平和な道である

もう一度いうけど
もうちょっと光があれば紅葉が映えるのに!
まぁ雨じゃないだけ良いのである
贅沢を言っちゃいけない

利根川の源流の山、大水上山を通過し
利根川水源身碑も通過し

あっと言う間に丹後山山頂到着

【9:20】大水上山⇒【9:35】水源碑⇒【10:05】丹後山

快適な楽しい稜線漫歩は束の間でした
丹後山で大休止したので
笹の海に浮かぶ丹後山避難小屋はスルー

あとはガンガン下るだけ
標高差1400mの下りの始まり

長いな〜〜と覚悟を決めて出発
救いは急じゃなくて歩き易い事

八合目で携帯が通じたのでタクシーの時間を確認する
※兎岳とこの八合目付近は携帯が通じる
上部の紅葉に癒されつつ

しかし、7合目を過ぎると樹林帯に入り
紅葉も終了

あとは単調に下るだけ
みなさん昨日の疲れも見せず
足元軽やかに進んで

予定通りの時刻に下山
すると直ぐにタクシーも来るドンピシャっぷり!!

さーすが俺のタイムスケジュール!(笑)
なーんてね。皆さんが歩いてくれたお陰です。

【11:05】五合目⇒【12:45】登山口⇒【13:25】十字峡

ほんのちょっぴり雨に降られたけど雨具は着ず!
晴れ男更新中!!

ページトップへ戻る