山のぼり ツアーレポート

2020/9/12  西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高岳縦走

入りのアプローチも帰りも雨に合いましたが、西穂〜ジャン〜奥穂までは、初秋の好天に恵まれラッキーでした。

初日入山時は、ロープウェイを降りたところで通り雨。
合羽を着て出発するも、途中で雨は止み、明日12日へ期待を持たせます。
翌朝早朝に西穂山荘を出発。独標付近でもまだ暗いですが、晴れた空に山々のシルエットが綺麗です。
4:00 発
5:00 独標
ピラミッドピークではずいぶん明るくなってきました。
天気は良好。
5:30
西穂から遠くに槍ヶ岳。
東は少し霞っぽい感じがありましたが、西は青空。
午後から天気が崩れると予報されてましたがほんとかな?と思えるくらい
6:00
間ノ岳。岩はゴツゴツしてますが、憩えるスペースがあります。
7:30
天気も岩の状態も良く、順調に歩みを進めます。
ジャンダルム(奥穂)への登りから、振りかえると、西穂や間ノ岳と歩いてきた稜線がくっきり。
左下の岳沢から天狗のコルへのルートは今年は通行止め。
いつもなら何となくトレースが見えるんですが・・・
天狗のコルからジャンダルムへの長い登りを登りきると、目の前に突然現れます。
奥穂をバックにジャンダルムの頂上で。10:30
奥穂は近くに見えますが、まだまだ緊張する場面は続きます。
ロバの耳を超えて、馬の背と奥穂が目前に。
最後の難所、馬の背を通過中。
ジャンダルムを背に。
奥穂に着いてしばらくして、ジャンダルムには、ガスが上がってきました。12:15
晴れている間にジャンの頂上からの景色を楽しめたのはラッキーでした。
やはり予報どうり天気が変わるのかしら?
奥穂から穂高岳山荘までは、天気の急変を思わせる様子も感じず無事到着。
順調に歩みを進めていただきました。
14:00頃から穂高岳山荘付近は、雨。
夕方には、止み綺麗な夕焼けも見られました。山の天気は変わりやすい。実感

ページトップへ戻る