山のぼり ツアーレポート

2020/7/15  白山 七倉山転じて頭巾山

多い時は年間200日山に入る(移動日含む)と言う猛者

PZ屈指、いや全国屈指(と思われる)のピークハンター S さんが取りこぼした白山のマイナーピークを狙うプライベートツアー

だったんですが、ご存知のに日本列島に横たわる梅雨前線にやられ
大幅に予定を変更して北陸縦断

今まで全国のマイナーな山をご一緒したSさんと久しぶりの飲んだくれのドライブになりました(笑)

100・200・300名山、各地の100名山、日本の山1000、一等三角点の山、そして日本の山岳標高1003山
メジャーからマイナーまで日本中の山を登りまくっているSさん

今回のターゲットは取りこぼした白山の傍らのマイナーなピーク「七倉山」。日本の山岳標高1003山に入っているらしい。

初日金沢に集合して白山室堂に入る予定でしたが、予報を見ると次の日は荒れ模様、明後日は比較的予報がイイ

と、言う事で予備日があるので1日入山をずらして、今日は金沢ステイを決め込む
ホテルのチェックインまで時間があるので、金沢近郊の「千里浜なぎさドライブウェイ」を観光

砂浜を車で走れる例の観光地。天気が良ければきもちいいだろーなー。
金沢の居酒屋でマイナーな山の話を肴に一杯

すこーし酒の残った次の日(笑)、午後から少し雨が落ち着くとの予報を信じてホテルを遅めに出発

しかーーし!!なーーーんと!!
別当の登山口が雨量規制でゲートクローズ!!

昨晩は大雨警報が出てたのは知っていたけど、ここまでとは・・・。
担当部署に電話しても、「いつ開くかは、なんともお答えできない」と言う至極お役所的お返事

待つか??しかしこれ以上遅くなるとな〜。しかも明日もあまり良い予報じゃなくなった・・・。

このまま帰るか?とも思いましたが、強者のSさんはただじゃ帰らない!!
これまた登り残した福井県小浜の「頭巾山」に行こう!と決定
昨日に引き続き、小浜の居酒屋でいっぱい一杯
今宵も山の話に花が咲く(笑)

そしてまたも、すこーし酒が残った朝
福井と京都の県境「頭巾山」へ。思えば遠くに来たもんだ

ホテルから約1時間
林道で登山口まで車で入れるとあったが、思ったより道が荒れてて途中で置車

標高約400mからスタート

山頂は871mの里山

水の流れる林道をテクテク
程なく登山口に到着

天気は霧雨
看板の示す通り、対岸に向かって下りて行くと沢に橋は掛かっておらず

普段なら小川を跨ぐ程度だろうけど、今日はちょいと渡渉って感じでした
登山口の標高約500m

植林用に刻まれたジグの登山道で標高を上げて行く
ひじょーーに歩き易い

時期を選べばイワウチワやイワカガミの花が咲き乱れるらしいが
今は無し、しかも天気も天気なのでピークハントに徹するの巻

最後の方は根っこ地獄の急登でした
家族で登る山、とかなってたけど、あの最後の急登は子供には大変だぞ

とか言ってる間に山頂着
山頂には、若狭国遠敷郡の延喜式内社許波伎神社の祠や避難小屋がある by Wikipedia

避難小屋は潰れてた

なので神さまにお断りして社の庇の下で雨宿り
天気が良ければ眺めが良さそうな山頂ですな〜〜。

今日は真っ白・・・。
でも1003山1座を潰す目的は達成
休憩もそこそこに下山開始

最初の急降下に気を使えば
後はサクサク下山
あっという間に下山して

途中に「野鹿の滝」と、それはそれは立派な看板があったので見に行ってみると
看板に違わぬ立派な滝でした

その後三方の湯で汗を流して
ロングドライブで金沢で解散

大幅予定変更の
北陸縦断のお手軽登山&痛飲ツアーになっちゃいましたが

それもこれも山の古強者のSさんのプライベートツアーがなせる業
たまにはこんなのもいいですな(笑)

【8:25】標高400m置車地⇒【8:45】登山口⇒【9:45】山頂⇒【11:00】下山

ページトップへ戻る