山のぼり ツアーレポート

2019/11/2  裏妙義 木戸壁右カンテ クライミング

恒例になってきた木戸壁クライミング

晴れ週間に入った西上州は連日登山日和!
快適な岩登りになりました

やっぱりクライミングは晴れに限る!
お陰で岩場は混んでたけどね

閉鎖した国民宿舎に【9:30】集合
数日前から妙義に泊まっているので
のんびりと朝食を食べて来れる幸せ&天気の心配が要らない空!
毎回こんなだったらいいのにな〜。

驚きの車の多さに、もしかして岩場も混んでるかも?
と、少し心配しながら出発
先月の降水量が多かったからか、何時になく沢の水量は多め
でも、靴を濡らすことは無し

ひと登りで取り付きに到着
汗ばむ陽気

案の定、先行パーティーが取り付いてた。
順番待ちしながらノンビリ準備
天気の心配も無いから焦る事は無いね
とか悠長に言ってたけど、遅い!
下にパーティーが待ってんだからテキパキ行ってくれ!
決して早く登れとは言わないから、それ以外の部分を早くしてくれ!

ふ〜〜待ちくたびれたぜ
やっとクライムオン

出だしは、おッ?!と思う傾斜
でもすぐに緩くなるけどね。
ゲストが3名なので、今回は2パーティー
先行のTガイドチーム

写真は2ピッチ目
こう見ると傾斜あるね。ここが核心かな?
おおよそW級程度
木戸壁は傾斜があるピッチもあるけど、ホールド多めでガバも多数
ただ、なんせ岩の信頼度が低い
妙義らしいっちゃ妙義らしい。

写真は3ピッチ目
3ピッチ目の終了点は快適テラス

んん〜〜やっぱり遅い。
各終了点で待たされる。

なので余分にピッチを切って時間調整
写真は4ピッチ目 

岩はカリカリに乾いていて、フリクションも抜群!
支点もしっかり整備されてるし、脆さを除けば快適そのもの!
Kさん余裕のピースサイン(笑)

そして最終6ピッチ目
(余分にピッチを切ったので6ピッチになりましたが、本当は4〜5ピッチ)

・1ピッチ目 V級 15m
出だしだけチョイムズ、すぐ傾斜が緩んでテラス
・2ピッチ目 W級 20m
核心?ピッチ、右上してわずかに被ったリッジを登る
・3ピッチ目 V級 20m
木に向かってグイグイ真っすぐ テラス広い
・4ピッチ目 V級+ 25m
右上してボルトに沿う 所々傾斜がキツめ 草付きのテラスまで伸ばす
・5ピッチ目 U級+ 15m
少し左上 傾斜緩く鼻歌交じり

※難易度はあくまで主観です。
※距離も適当です。参考程度に。
終了点で行動食を頬張りながら小休止

思ったより時間がかかってしまったので休みもそこそこに懸垂下降開始
デッパリ多くてフリクションも良すぎる岩なので
懸垂も短めに切る事をお勧めします。

さくさく進行。こういう所こそ腕の見せ所
懸垂下降も5ピッチ(だったと思う)
待ち時間はあれど、天気と岩の乾き具合は最高!
(待ち時間以外は)快適クライミングに皆さんご満悦!

難しすぎず、簡単過ぎることもない(かな?)木戸壁
マルチピッチの体験又は練習には最適ですね。

【9:30】元国民宿舎⇒【9:55】取り付き⇒【12:05】3P終了点⇒【13:05】トップアウト⇒【14:15】取り付き

ページトップへ戻る