山のぼり ツアーレポート

2019/11/1  特別開催 星穴岳

表妙義の後、後泊したゲスト+次の日特に動かせない予定がない+ガイドも1日空いている+星穴岳に行った事が無い+明日は晴れ予報=じゃあ行きますか?

と、条件が揃って飲んでる席で行くことになった星穴岳
The秋山!!の気候の中気持ちのいいアトラクションを楽しんできました

山に来ていればいい事ってあるんです。

急遽決まった星穴岳

本日も早い時間にも構わらず、朝食を用意していただいて
感謝感謝のひしや旅館様

中ノ岳神社駐車場に来ると、抜ける青空に朝日を浴びる金洞山!
その左の奥に実は見えてる星穴岳

さ〜て行きますか!
心臓破り過激な階段を見上げて
「ここ、エスカレーターにしてくれへんかな〜?」

と、登山者の風上にも置けぬ考えをしながら登って
ちゃっかりと神社には今日の無事登山をお祈りする不届き者(笑)



少し汗ばみながら登ってコルに到着
コルに来ると風が抜けて寒いくらい
この時期の服装は難しい。

コルで装備を固めて、「この先危険」のロープを跨いで星穴へ!
こっちは一般登山道に非ずって書いてあるけど、妙義山縦走は一般登山道なのか??
すぐに表れる岩場が二カ所

難しくはないですけど、表妙義のように鎖は無いですからね。
自力で登ってくださいよ〜。
岩を登り少し行くと西岳山頂

眼下に星穴岳の岩峰群が見渡せる
山頂は真ん中奥の岩塔(たぶん)

今日はホントにすこぶる天気がいい!!
嗚呼・・やっとお天道様のご機嫌が良くなった。
西岳からの下りは、日陰側に懸垂一発
降り立ったところの足場が悪いので注意

その後西岳を巻きながら降りて写真のトラバース
もちろん鎖はなし
なかなか高度感と緊張が味わえる!
下りきって登り返し

途中、岩室を通過して悪目のトラバースもう一発
それが終って少し進むと、星穴岳への登り

難しくは無いけど、ここも鎖が無いので純粋に岩登り
早くも到着星穴岳!
今年は誰が置いていったか立派な看板がありました。
しかも手が込んでる。

天高く透明度の高い空気
下りていく紅葉前線
空気はヒンヤリ、日差しは暖か
これぞ秋の里山!

【6:30】ひしや旅館⇒【6:55】中ノ岳神社⇒【7:50】コル⇒【9:40】山頂
山頂で景色と日差しを楽しんで
さ〜次に行きましょ!
星穴岳は下りが本番なんです。

先ず、山頂から懸垂一発
そしてすぐにハイライトの空中懸垂!
支点はご覧のようのガッチリですから心置きなく行ってください!
青空バックにロープにぶら下がる
自分の命は自分が握っている感覚

そうは味わえないアトラクション!
癖になりそう!?
空中から降り立てば
待望の穴ですよ穴!

射抜き穴
小さい方の穴で妙義縦走の時に見えていたのはこっち

軽く休憩後
最後に待ち受ける長〜〜い懸垂下降

ほぼ垂壁40m
写真で、人の小ささが長さを物語ってるでしょ?
懸垂下降計4回!
本番の懸垂下降を堪能できますよ。

長〜い懸垂の後は少し登り返すと

ジャジャーン!
むすび穴(星穴?)へ到着!

こんな所に不思議な穴
自然って芸術家ですね〜(しみじみ)

思う存分穴を鑑賞したら帰路

台風の被害を心配していたけど、ほぼ無し。
前にも書きましたが、この帰り道は年々明瞭になってる気がする。
なんでも、昭文社の登山地図に破線で載ってるとかどうとか(未確認)

そんな道を迷うことなく歩いて来れば
もう帰って来ちゃいました。

登り少な目でアトラクション多め
怖楽しい星穴岳
妙義縦走⇒丁須の頭と来れば次はココ!
ただ懸垂下降の練習はしておいてくださいね。

【9:50】山頂⇒【10:15】射抜き穴⇒【11:50】むすび穴⇒【12:00】中ノ岳神社

ページトップへ戻る