山のぼり ツアーレポート

2019/10/20  鉢盛山

台風19号で被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

暴れに暴れていった19号様
各地の山にも爪痕を残していきましたが、ここも例外ではなく林道が通行止め

朝日側の林道は通行止め、波田側も通行止め。でも直前に開くとかどうとか・・・中止?or突っ込む?
なんやかんやありましたが何とか行けました。

自然には逆らえませんね〜〜

台風、大雨、土砂崩れ、通行止め、登山口変更。追い打ちのどしゃ降り、落石、タイヤのスリップ。
直前まで林道が通れず、ヤキモキなんやかんやとありながらも、登山当日登山口に佇む。

は〜〜何とか来れたよここまで。
ここまで来れれば登れたようなもんだ。

ただ、天気の回復は遅れている様子。
いや、このガスは晴れガスです!と言い切って出発
【5:30】松本のホテル発⇒【6:05】林道ゲート⇒【7:00】登山口

鉢盛山は林道突破が核心の山なんです。
鍵を借りてゲートを開け、長い林道をひた走り、関〇者〇外〇ち入り〇止を突破し、さらに悪路を走って登山口まで。

車で標高を稼げて、登山道に難所はなし。
主役は社用車PZ号!二駆だけど頑張りました!
なので歩き出せばもう終わったようなものなんです。

登山口からさらに荒れた林道が伸びていて、小一時間ほど歩いて避難小屋着
まだ、ガッスガス。でも降ってない。
避難小屋で休憩。
気温は歩くには最適の気温。暑くも無く寒くも無い。

ただ早く晴れてくれ!
小屋から先は、出だしが以前薮っぽかったけど、今年はバッチリ刈ってある!
関係者の皆様あざ〜す!
お陰で薮の雫で濡れることもまったく無く、進み朝日村からの分岐到着

ここも刈払いされて真新しいベンチも設置され、良い展望場所になってました。
まぁまだ展望ないけどね。
道はすこぶる歩き易い+傾斜もキツく無い=単調な道

順調に歩いて、としか言いようがない。
まぁ難点を挙げれば、ぬかるみが多いぐらい

単調な道⇒順調に進む⇒退屈
救いは距離、高低差が少ない

なに?退屈!?
ほら目を上げてごらん!陽が指してきた!
とかなんとか言ってる間に早くも山頂着

祠がいくつもある山頂、ただここは展望がない

天気はすっかり良い。
ほ〜ら言ったでしょ晴れるって
注)ただ予報がそうだっただけです。

【7:05】登山口⇒【7:50】波田避難小屋⇒【8:15】朝日村分岐⇒【9:30】山頂
山頂から少し西に行くと反射板のある展望台があるんです。

ドーーーンと槍〜穂高!
ちょい左手に乗鞍岳!

んん〜〜今年はちっとも白くない。
全く雪は被ってないね・・・。
もうちょい左に御岳!

日差しを浴びて暖か〜〜。
ポカポカ陽気で展望満喫!

でしょ〜?晴れるって!
幾多の障壁を乗り越えきた甲斐がありました。

でも・・・・冬はいつ来るんだろう?
たっぷり休憩&展望を楽しんで下山

サクサクと朝日村の分岐まで戻ると、帰りは展望もバッチリ!
雲海に中央アルプスが浮いてました。
あっと言う間に下りて車に乗り込む

帰り道の林道脇の紅葉が(もう少しで)見頃でした。
注)運転手はおちおち見てる暇は無いけどね(笑)

今年は台風だらけでとんでもないのが来たし、この後も20号21号様が様子を伺ってるし、気温も高くて紅葉がイマイチ&遅いし、雪降らないし。

20年後にまだスキーは出来るのだろうか?(身体的問題除く)
と、そんな考えがよぎる秋の登山の帰路でした。

【9:55】山頂発⇒【11:30】登山口⇒【13:00】松本駅

ページトップへ戻る