山のぼり ツアーレポート

2019/10/7  会津朝日岳

北海道を除けば高速道路から最も遠い所の一つ(と思われる)只見

周りは山だらけ、いや、むしろ山しかない。
福島と新潟の県境の山は高さは無いけど深い

そんな深山の朝日岳
朝日岳ってその山で朝日が早く見れるから朝日岳?
それともその山から朝日が上がるから朝日岳?

那須塩原駅からえっちらおっちらロングドライブ

小雨降る中、2時間ほどで只見のお宿に到着
今回の宿は深沢温泉「湯ら里」

公共の宿らしく、施設はそりゃ〜もう贅を凝らしてます。
ただ、食事もサービスもしっかりしていたのでコストパフォーマンスは高い!
おススメです!
しかし、朝食は頂けず。
只見は遠いからね帰りを考えると、朝食抜きの早立ちなんです・・・残念。

と言うわけで
早朝出発し、25分程でイワナ小屋の奥の登山口へ
ユネスコジオパークは知ってるけど?エコパークって何だ?

【5:30】宿発⇒【5:55】登山口
天気はガス
辺りは白い

でもそこは晴れ男伝説が幕を開けたわたくしは、晴れると断言します(笑)
※ただ単に予報を見て晴れだっただけですけど

なので、雨具も着ずに、橋を渡って出発
赤倉沢に沿って歩き、渡渉2回。
靴を濡らすことなし。
(注)ただし岩はヌメッて滑ります

が、しかし、今年は道がなんだか薮っぽい
良く登られる(と思われる)山なんだから、刈払いしてよ〜。

お陰で靴はしっかり濡れました・・・。
ほ〜〜〜らご覧!
白く煙っていた空もスッキリ青空になったよ〜〜!!

晴れ男伝説は始まってるんです!(笑)
2度目の渡渉後、結構長い九十九折が続く

秋らしい快適な気温お陰でガンガン標高を上げて、尾根に乗り上げると視界が開ける!
叶の高手に来ると目の前に朝日岳がドーーーン!

おおっ!!
これで紅葉してたらパーフェクト!

なんだけど、今年は遅いね。
叶の高手から下って登ると避難小屋

避難小屋から30分程で、噂の最後の岩と草付きのミックス登山道
これがまた、絶えず濡れてて嫌らしんだな〜
まぁそれでも登りは問題なくこなして
程なく山頂!

雲は多くなったけど展望良好!
360度いろいろ見えましたが・・・
代表して越後駒ケ岳と中ノ岳が綺麗に見えましたと言っておきます。

【5:55】登山口⇒【6;35】第2渡渉点⇒【8:20】叶の高手⇒【8:55】避難小屋⇒【9:45】山頂
ゆっくりしたいけど、下山後の道のりが遠い
なので下りましょう。

核心の最初の下り。
ヌメル草付きと岩場
靴が泥で汚れるから岩も滑って嫌らしさ倍増

垂れてるロープと草付きを束ねて持って手掛かりにして突破
下りだすと、あんなに晴れていた空もすっかり曇り空
いい時間帯に山頂に居たね〜

最初の難所を過ぎれば、あとはサクサク下ってあっという間に下山
車を走らせるとフロントガラスに雨粒が・・・
晴れ男効果如実!!

次は雨予報で荒海山
さて〜〜???
【10:05】山頂発⇒【13:05】下山
【14:30】湯ら里発⇒【16:35】那須塩原駅

ページトップへ戻る