山のぼり ツアーレポート

2019/10/5  二岐山・七ヶ岳

秋の東方巡業 2

福島に入ったから正真正銘東北になりました。

台風後の雨予報
濡れネズミ覚悟の山行が、蓋を開けてみると・・!

篠突く雨。
いや、ゲリラ豪雨と言う方がふさわしい。

日光から集合場所の新白河駅への道すがら、フロントガラスに叩きつける雨
憂鬱を通り越して覚悟を決める
ここまで激しくないにしても雨を覚悟の本日

もはや開き直って、二岐山登山口に着いてみると、
ふ、ふ、降ってないよ!?

【9:00】日光発⇒【10:20】新白河駅⇒【10:45】新白河発⇒【12:00】二岐山登山口
所々、雨どころか乾いた地面ものぞかせる登山道

あの豪雨はここには来てないのか?
でも、そうは言っても湿った森に秋らしいキノコが大量にありました。

誰も取らないって事は食べられないって事だね。
天気予報を見ると明らかに雨予報

なので、今は降ってなくてもその内降るよね〜と覚悟を決めての登山
ひと登りでブナ平着

東北の山らしい、ブナの極相林が辺りを覆う
ブナ平の先はブナの二次林が広がり
徐々に急になり登り上げると

もう山頂!
あれまぁ青空

こ、これは晴れ男覚醒か!?
足早に登ったし、晴れてるのでたっぷり休憩
【12:45】ブナ平⇒【13:35】山頂
特に見どころも無いので
ドドーーッツトと下って下山

見どころも無いと言うのも失礼なので、下部はブナとアスナロの綺麗な森ですよ。

【14:50】下山⇒【16:30頃】夢の湯着

PZの常宿「夢の湯」でたらふくご馳走を頂いて一杯やって就寝
明日は朝方雨らしいけど、どうなるやら・・?
朝、障子を開けると地面は濡れてるが降ってない!

暖かい朝食を頂き出発
たかつえスキー場から見上げる山もガスがかかって重い

けど降ってない!
よし!
【6:45】夢の湯⇒【7:10】たかつえスキー場
スキー場をひた登る。
単調な歩きはダルい・・・。

1時間ほどで看板が出てくる。ゲレンデを直登も出来そうだけど
迂回しろと矢印が示してる。

へいへい分かりました、迂回します。
ダラダラダラダラダラダラダラダラ
あ〜ダルい・・・。

と思ってきたころ登山口の看板
ほぼゲレンデトップまで歩いてやっと終了。リフトって偉大だな〜。
湿った登山道を少し歩くとピークに出て、七ヶ岳山頂がお目見え!
掛かっていたガスも抜けて天気は回復傾向!

標高1500m周辺は少し色づいてきてました。
鞍部に下ってひと登り

右手に羽塩登山道の看板があるけど、立入禁止になってました。
たしか水害から復旧して登れるってwebに出てたような気がしたけどな〜。

でもこのスキー場から登るのが一番楽だけどね。
あっという間に山頂着!

一等三角点百名山・会津百山・三百名山・うつくしま百名山
いろんな名山に名を連ねる山ですね〜。

ろくに休憩もせずに登ってきたので山頂で大休止

【7:10】ゲレンデ出発⇒【8:30】登山口着⇒【9:20】山頂
山歩きはわずか50分(笑)
帰路、天気が良くなり光が入ると
紅葉が映える!
ダルダルゲレンデは刺激を求めて?ショートカット

スキーで滑れば何てことない傾斜も歩くと結構難儀だね
ドンドン青空が広がり、もう少しゆっくり出発すれば良かった、とか思いましたが
山は早立ち早着が基本ですから。

足取り軽くゲレンデを駆け下りて終了【11:25】
調子に乗るとロクでもない事が多いけど
調子に乗って晴れ男と言っておこう。

でも、台風19号が発生したとかどうとか?
連休に来るとかどうとか?
晴れ男は勝てるのか?
乞うご期待・・・しなくていいですよ(笑)

ページトップへ戻る