山のぼり ツアーレポート

2019/9/16  鎌ナギ岳〜不動岳

黒法師岳や大無間山などで有名な南アルプス深南部の山へ行ってきました。

浜松駅から車で2時間、さらには林道歩き2時間でようやく登山口というアクセスの悪〜い山奥の山でした。

浜松駅よりコンビニに立ち寄ったりしながら走ること2時間半。

水窪ダムの奥、戸中林道を詰めて黒法師岳と同じゲートからスタート。

頻繁に通行止になるこの林道、事前情報通りゲートの2km程手前にオレンジ色のものが見えましたが、端によけてあったのでもちろん通過!笑
林道にしては傾斜よく登り続ける道と、暑さに苦戦させられながらも約2時間で黒法師登山口。

今回は20分ほどもう少し奥まで林道を進んだところの登山口から登りますので通過します。
水場と平らなキャンプ適地を探していると、辿り着いてしまいました。明日の不動岳登山口。

ということで登山口で夕日に照らされながら絶景の快適なテント泊。
15:30には設営も完了して長い長い夜を過ごしました。笑
翌朝は薄明るくなるだろうと思って5時出発。
結果は真っ暗でした。笑 明るくなるまで30分ぐらいはかかりましたかね。
もうすっかり秋ですね〜

最初はザレた植林の中をグングン登ります。雲が厚かったのか気温が全然下がらず朝からしっかり汗をかかされました。
ガスの中からの出発でしたが、晴れてきてくれました!

さらに暑くなるので嬉しいのか、嬉しくないのか!
途中まで下草もなく快適な道だったのに1800m過ぎから笹が目立ち始めました。

笹自体はいいんですが、、、あっという間にしっかり靴まで濡らされてしまいました、、、(。・ω・。)
昨日上部だけかかっていたガスの中は霧雨状態だったのかもしれません、
靴もズボンも濡らされた後は、上半身まで。
もうなんでも来い!!!笑
そんなこんなで登り続けることほぼ3時間。
文字は薄いが鎌ナギ岳に到着!

天気いいのに雨に降られたみたいに濡れています。笑

少し休憩して不動岳まで行きますよー。
100mほど下って少し登り返すと、笹に覆われた 鹿の平。
この距離でコースタイム1時間。どんな猛烈な藪なのか心配しましたがあっさり約30分で到着。

名前の通り鹿道だらけでどれが正解かわかりません。
途中も不明瞭な部分もありますが、方向を間違えなければ問題なし!
鹿の平の脇。

この界隈の山はこんな崩壊地ばっかりですね〜。
林道も晴れた1日で落石多数。いつまで整備してくれるのやら。
この辺りの山は早めの登山をオススメします〜
ガスで方向もわかりにくくなることもありましたが、不動岳直下へ。

この辺りもどこでも歩けるけどちょっと踏み跡はわかりにくかったですね。
結局足並み揃ってたのもあって、9:15に不動岳に到着!

静岡100名山,日本の山1000,国土地理院の1003山の3つもゲット!笑
往路を忠実に戻って下山。

鎌ナギへの登り返し時に振り返るとようやく見えた鹿の平に続く尾根。

基本的に笹の生い茂る尾根でした。
下ってくると朝の記憶以上に急な道を上ってきてたようです。

山頂を目指す気持ちってやっぱりすごいパワーですね〜
12:30ごろテン場に戻ってサクッと撤収して下山。

ちなみにこちらが水場に狙ってた葵沢。水を汲むのにロープが必要そうなので諦めました。笑 結果は登山口の1分ほど手前の小沢で十分でした。

天気も、メンバーもよく予備日を使用することなく無事終了。14:30頃下山して、2時間走って入浴、市内の渋滞にしっかりはまって18時半前に浜松駅にて解散。長い一日お疲れ様でした。

ページトップへ戻る