山のぼり ツアーレポート

2019/8/23  西穂〜ジャンダルム〜奥穂高岳縦走

直前まで、天気を睨み、秋雨前線の南下を期待して入山。
出発までには雨がやみ、気温9℃の西穂山荘を出発。
ガスも巻きましたが、周囲の景色を見渡せる瞬間もありました。

秋雨前線により直前まで雨でしたが、平湯に集合する頃には天気回復傾向。
ロープウェイから西穂山荘に向かいます。
西穂山荘に到着する頃には青空も。
遠方から来られる方もあったので、事前の天候打合せしたスタッフともどもホットしました。明日からの天気も期待します。
4:00西穂山荘出発
5:00独標からピラミッドピーク・西穂方面。
   西穂山荘の粟澤気象予報士の予報通り、ガスが掛りがちです。が 進むには問題なし。露対策と、出発時の気温が9℃といこともあり、皆さん合羽を着こんでいます。
6:05 西穂高岳。西側の笠ヶ岳方面は、一定の高さから上がしっかり雲の中。
  前線の南下によって、西風が入っている様子がわかります。風が強いという予報でしたが、行動に影響するほどでは無かったです。
   
目指すジャンダルム方面もガスが巻いたり、切れたりです。
7:05 間ノ岳で休憩中。西風が当たらないように場所を考えて。
すっきり晴れているわけではありませんが、歩いてきた赤岩岳からの縦走路が見渡せます。
9:00 天狗のコルへの下り。
    鎖を使用して、慎重に下ります。だいぶ岩稜の中での行動にも体が慣れてきたような、
今回は2パーティーでの行動。
後続の弓場パーティー。
岩場も、歩きやすいラインを考えて、鎖も有効に利用して、歩みを進めます。
天狗のコルからの長い登りを終えた瞬間に目の前にジャンダルムがお出迎え。
今のところガスが晴れていますが、奥穂が見えるか見えないか・・・
ジャンダルム
11:00〜11:30 全員揃って記念撮影。
バックはガスで真っ白でした。
時々ガスが切れると、秋の青空に奥穂や涸沢岳が浮かびます。
馬の背。中々スッキリしません。
ガスが巻いたり、晴れたりの1日でしたが、幸い岩が濡れるほどでもなくここまで順調に来ています。
奥穂の頂上で、ジャンダルムの雄姿を待ちますが、今回はこのくらいまで。
13:10〜14:00
奥穂の頂上でも全員で記念撮影。
まだ8月なんですが、風と気温の低さで結局ジャケットは着たままの行動でした。雨に合わなかったことは幸いでした。
最終日は涸沢経由で下山。
良い天気。
上高地に降りて西穂の稜線を眺めてみるとやはりガスが掛っていました。
昨日もこんな感じの中だったのか。

ページトップへ戻る