山のぼり ツアーレポート

2019/6/1  庚申山〜鋸尾根〜鋸山

百名山皇海山の南側にある鋸山へ庚申山からのびる岩場を含むルートです。
庚申山には、この山にしか無い庚申草とい珍しい食虫植物もあるそうですが・・・

11:45 高崎駅に集合し、登山口の銀山平かじか荘へ移動。
かじか荘で、今夜泊まる庚申山荘の手続きや、登山届を提出し、14:10出発。
14:50 林道から登山道に変わる一の鳥居へ。
暑い日ですが、木の下の日陰で、直射日光に当たらず、助かります。
沢沿いの道を、色々な名前の付いた岩を楽しみながら登ります。
16:10 庚申山荘着。避難小屋とは言え大きな建物です。小屋内に水も引かれていて、布団もあります。でも、自前のシュラフは欲しいかも。
コウシンソウが咲き始める時期ということもあり、20人ほど泊の方がいました。
4:20 出発。庚申山への登りは、岩の間を縫っていくような感じ。梯子など整備されていています。
少しだけれどコウシンソウがある場所があると、昨夜情報を聞いて寄り道をしました。が、時期が早いらしく見つかりませんでした。
コウシンソウ目的の他パーティーの方も見つけられなかったようです。残念
5:30 庚申山。
庚申山からわずかの場所から、皇海山と鋸山が見えました。シャクナゲも綺麗に咲いてます。少し霞がかかってますが、男体山や日光白根も見えます。
御岳山・薬師岳・白山とピークを越えて、鋸尾根の核心部へ。
先行者が岩場を登っているのが見えます。
登る前に、まず岩場の下降。フィクスロープ便りな感じなんで、一応ロープをつけてもらいました。
これが、降りてきた岩場。
8:10やせ尾根や、オーバーハングした岩に掛けられた梯子を着実にこなして鋸山へ。少し雲が沸いて、皇海山も見えたり見えなかったり。
6林班峠へ向かい下り始めます。
ここは、道がはっきりしていますが、峠に至る笹の斜面では、踏み跡もわからないくらいのところもありました。落ち着いて、目印を探したりしながら歩みを進めます。
9:25 六林班峠。一部ですが笹が無い場所があり、良かった。
石垣が積まれた跡があり、昔はお茶屋でもあったのかな?
ちょっとわかりずらいですが、シロヤシオとミツバツツジのコラボ。シャクナゲや、サクラソウと道中次から次へと花が表れて、目を楽しませてくれます。
長いトラバースの道で、道幅の広いところが大部分ですが、沢を渡る前後はこんな風に切れているところもあります。慎重に進みます。
12:10 山荘に戻りました。デポしてある荷物を回収し12:40発。一の鳥居までの道中は橋を渡る風が涼しく気持ち良い。
14:05 かじか荘
16:50 高崎駅解散
夕立に合うことなく無事終了しました。お疲れさまでした。

ページトップへ戻る