バックカントリーツアー

【高鷲】水後山バックカントリー (岐阜県)


針葉樹林が美しいウイングヒルズのバックカントリー

大きな地図で見る

◆◆ ウイングヒルズのBCをおいしく楽しむ!

高鷲周辺エリアでは大日ヶ岳が有名ですが、ウイングヒルズの裏山にも切り開かれた杉林が北米の雰囲気を醸し出すいいとろがあるんです。もちろんオープンバーンもある別天地。
特にピークハントに拘らずに美味しいラインをハイク&ライドでつないで、ゲレンデへと戻るプランです。


過去のツアーレポート>>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇日程/2018年2月15日(木)
◇参加費/12,800円

 *参加費に含まれるもの:ガイド料、ガイド経費、消費税

●集合/ウイングヒルズ白鳥リゾート
    センターハウス1Fチケット売り場前 7:45
●解散/ウイングヒルズ白鳥リゾート 16:00頃
●催行人数/2名様
参加条件/高鷲1dayまた同等以上のBC経験がある方
 バックカントリー未経験者の方はこちら
>>バックカントリー高鷲
●宿泊形態/日帰り
●現地費用/駐車場代、リフト代:約2,000円

【持ち物/滑走用具以外に下記のものが必要です】
必要装備とレンタルついてはこちら>>
*ビーコン、プローブ、ショベルは必携です。
*アイゼン、ピッケルは不要です。

【ご注意】
*スプリットボードやTLTなど、不慣れな装備は必ず事前に脱着の練習をしておいてください。
 

【スケジュール】
センターハウス=[ゴンドラアップ]=ゲレンデトップ…約1時間のハイク〜滑走…短いハイクアップ〜状況に合わせて数本滑走〜ゲレンデ in〜センターハウス(総歩行時間約3時間)

【集合地について】
ウイングヒルズ白鳥リゾートの駐車場は有料(休日のみ)です。駐車場のトイレは24時間利用できます。
売店で行動食などを購入できますが種類はあまり選べません。

【集合場所までのアクセス】
●名古屋、大阪方面より 東海北陸道「白鳥IC」を降りて約30分
●富山、長野方面より  東海北陸道「高鷲IC」を降りて約30分
 

  • ウイングヒルズ白鳥から水後山までは比較的楽な登り。

  • いつもの大日ヶ岳も見る方角を変えるとこんな感じ。

  • ゲレパウはなくてもバックカントリーにはパウダーが残っている。

  • 樹間の広い針葉樹の林はまるで北米のようなロケーション。

  • いい雪がついている斜面を見つけて2〜3本ほど滑ります。

  • オープンバーンが多く満足度の高いルートが豊富。

  • ページトップへ戻る

    ナビゲーション
    • 高鷲スノーパーク
    • 高鷲スノーパーク・ポポロ
    • 杉村航 フォトグラファー
    • 白馬マウンテンラウンジ,パワーゾーン白馬,バックカントリー,白馬,信州,長野県,hakuba,nagano,パウダー,スキー,スノーボード
    • MAMMUT
    • PROSHOP BELLS
    • esta surf
    • 広島 ピステ