目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【バリエーションプラン】 槍ヶ岳・北鎌尾根登攀 Vol.1

槍ヶ岳・北鎌尾根中間部付近にて

◆◆◆◆ 
初級のクライミング経験と体力が必要     
日本100名山 日本の山1000 信州百名山  
 

日程:2018年8月16日(木)〜18(日)(土)
◇ガイド料:76,000円   


1日目、横尾山荘に直接集合可(申込み時にその旨お知らせください)
初級のクライミング経験と体力が必要なルート。特に北鎌尾根の独標は完全なクライミング技術を要するため立ちません。

3日目槍ヶ岳山荘到着以降は自由に個人山行をお楽しみいただけます。
※テントはキャンプ予定地にデポジットしてありますので、テントの担荷は原則不要。ただし参加人数により一部お願いする場合あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:上高地バスターミナル 
    インフォメーションセンター前 13:30
    *横尾山荘(または槍沢ロッジ)集合可

●解散:槍ヶ岳山荘 16:00
●宿泊形態:山小屋、テント
●現地費用:宿泊代など約10000円(1泊目山荘分)
●その他:2日目、北鎌沢キャンプ地で取水できます。

     キャンプ用のテントの担荷不要


[スケジュール]
@上高地インフォメーションセンター入口前…徳沢…横尾山荘(歩3時間)
A…槍沢ロッジ…水俣分岐…水俣乗越…北鎌沢出合付近(歩7時間)
B…[北鎌沢]…独標…槍ヶ岳…槍ヶ岳山荘(歩11時間)

注)1日目の宿泊先hは予約状況により「横尾山荘」または「槍沢ロッジ」となります。

▼写真、クリック拡大

  • 2日目、横尾山荘から水俣乗越を経てキャンプ地までの下りで北鎌尾根を見上げる。

  • 北鎌沢出合に近いキャンプ地で2日目の夜を過ごす。

  • しばらくで明るくなる頃ヘッドランプを灯してスタート。

  • 北鎌のコルから独標へ。メンバーの足並みが揃っていればこの壁を登って北穂独標に立つ

  • いくつかのピークを超えてたどり着いた独標からの槍ヶ岳

  • 独標からもまだまだ遠い槍ヶ岳。背後の鋭鋒は前穂高岳

  • 基本的に危険箇所はすべてアンザイレンだ。

  • ゴール目前。とにかく長大な岩稜。技術よりも体力勝負かもしれない。

  • 北鎌平から大槍の最後のクライミング。

  • 大槍への岩場もロープ確保。登り切れば祠の裏にでる

  • 3日間を費やして立つことができた槍ヶ岳山頂。

  • ゴールの槍ヶ岳山荘。迫る夕陽と競争しながら穂先を下り、山荘で祝杯

  • ページトップへ戻る