目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

北ア・大猫山〜猫又山〜釜谷山縦走と中山

猫又山付近から眺める剣岳の北面

◆◆◆◆ 
毛勝三山の2峰に立つプラン     
日本の山1000  


日程:2018年7月17日(火)〜19日(木)
◇ガイド料:58,000円 
  


一部に小さな雪渓が残りますので雪渓下降が苦手な方は軽アイゼン必携。

初日が悪天候時は「中山」の登山中止します。

馬場島荘が宿泊不可の場合、馬場島にてキャンプ泊となります。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR富山駅 11:00
●解散:JR富山駅 15:00
●宿泊形態:山荘、テント
●現地費用:宿泊代など約9000円
●その他:キャンプ地に水場があります。
      登山に不要な荷物はスタッフ車に預けられます。 
      テントの一部(約1kg)の担荷負担あります。

[スケジュール]

@富山駅=中山登山口…中山…登山口=馬場島荘(歩3時間)

A=ブナクラ谷登山口…大猫平…大猫山…[東芦見尾根]…猫又山・山頂泊(歩8時間)

B…釜谷山(往復)…猫又山…ブナクラ峠…登山口=富山駅(歩8時間)

▼写真、クリック拡大

  • 初日は富山百山の中山で足慣らし登山。そして2日目、大猫平を抜けて大猫山へ。

  • 急で苦しい登りですが、登るにつれて展望が開け絶景が堪能できます。

  • まずは名のあるピークの大猫山。ここからは標高差は少なくても長い尾根。

  • 大猫山〜猫又山の間は剣岳や立山方面の超一級の展望地

  • 猫又山山頂部はヨーロッパアルプスを彷彿とされる景観が広がる

  • キャンプ地のすぐ上が猫又山山頂。釜谷山がどっしりと構えてる

  • 2日目に釜谷山が登頂できれば3日目は下山するだけ。この日は頑張りたい1日だ。

  • 後方の猫又山から釜谷山へ。雪が解ければ少々藪も濃い。

  • 釜谷山に立てばそこは毛勝三山のど真ん中。360度の展望だる。

  • 雪渓から取水できる山頂直下の最高のテント場で一夜を過ごす。

  • 下山は、急な小雪渓を下り踏み跡のあるササ薮を下る

  • ブナクラ峠まで下りれば、あとは馬場島に向かって長い下りが待っている。

  • ページトップへ戻る