目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

《奥伊勢・度会アルプス》 釈迦岳〜倭ノ姫山と 牛草山〜駱駝山縦走・神岳

伝説を秘めた倭ノ姫山(奥)

◆◆◆
パワーゾーンが創設した登山道を歩く

◇日程:2018年11月13日(火)〜15日(木)
◇ガイド料:48,000円 

   
2017年にパワーゾーンが地元の度会町から業務委託を受け新設した登山道を辿り登る「倭ノ姫山」と「駱駝山」
「倭ノ姫山」は、伝説に基づき名無しだったピークに付与した新しい名前です。
神岳は伊勢神宮造営ための萱を育てる一部入域禁止区域がある神聖な山
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR名古屋駅 9:30
●解散:JR名古屋駅 17:30
●宿泊形態:ホテル
●現地費用:宿泊代など16000円
●その他:わたらい7マウンテンの4座に登る
                 2日目からの参加可。ただし1日目夜集合

[スケジュール]

@名古屋駅=五輪堂…神岳三角点峰…神岳…神峠…林道…五輪堂=伊勢市(歩4時間)
  ◆2日目からの参加の場合、JR多気駅17:00集合(予定)
A=藤越峠…釈迦岳…展望地…P686m…倭ノ姫山分岐…倭ノ姫山…一ノ瀬川登山口=伊勢市(歩7時間)
B=火打石…駱駝山登山口…展望地…駱駝山…温坊分岐…牛草山…牛草辻…火打石分岐…林道終点…火打石=名古屋駅(歩6時間)

▼写真、クリック拡大

  • 1日目、清流宮川から望む神岳。入域禁止の伊勢神宮の御萱場もある神聖な山に登る

  • 2日目、藤越峠から度会町の最高峰「釈迦岳(栃谷山)を経て倭ノ姫山まで周回縦走。

  • 北峰を越えて辿り着く山頂は展望はない。

  • 釈迦岳から稜線を東へ縦走。海が見えたり岩場が出てきたりと飽きない道だ。

  • 標高がほとんど変わらない穏やかな尾根を進み倭ノ姫山

  • 標高が低く植林もありで、こちらも展望のない山頂だ

  • 3日目、らくだ山西尾根コースの取り付きからスタート

  • 自然林の尾根を登り平坦地に出れば牛草平。牛草山を望むことができる。

  • 駱駝山は稜線上のコブのようなピーク。

  • 駱駝山から北上する途中に数カ所ある展望地からは太平洋を望む絶景が広がる

  • この縦走路にも岩場があり、ちょうどいいアクセントになっている。

  • 大海原を望む牛草山。このあと牛草辻から火打石ルートで登山口に戻る

  • ページトップへ戻る