山のぼり ツアーレポート

2019/5/5  銚子ヶ峰〜願教寺山

ここ数年、季節外れの台風などの悪天候などでなかなか登れていなかった「岐阜100山」&「日本の山1000」の願教寺山。

ようやく今年登頂できました。
何年もこの日をいつかいつかと待っていた皆さん。
大変お待たせしましたね。快晴とは行きませんでしたがいい山でした!

暑い暑い名古屋駅に10:30に集合し、石徹白の登山口まで移動。
白山中居神社で通行止めでないことを祈っての移動。今年は雪が少ないしそんなに心配はしてませんでしたけど。

4~5年前?はゲートから登山口までで3時間弱歩いたので、とっても幸せなスタートです。
少し残雪も残りながらも基本的には「いとしろ大杉」を通過し夏道沿いに進みます。

奥の少しコブっぽい山が目指す願教寺山。
ズームするとこんな感じ。

ここで思ったのは、「意外と雪あるな。助かった。」でした。笑
さらに、実はこの写真が翌日に大活躍したんです。
今日は2時間ほど歩いてこの綺麗で快適な「神鳩ノ宮避難小屋」まで。
登山口に車が少し多かったので混んでるのかあ。。。と憂鬱でしたが着いてみれば貸切!

ガイドは本来なら雪を溶かして水作りですが、この気温ですしこの融雪具合なんで音のする方へ水を求めて散策。良い水場を発見して快適な小屋生活を過ごしました!
ヘッドライトの必要のない4:45ごろに出発!

全然気温が下がらず寒くない避難小屋の夜でした。
小屋は携帯の電波が入らず最新の天気予報は見れませんでしたが、明日の午後は天気が崩れる予報でしたので早めに行動を開始しました。
が、晴れて来ず予報早まったのか・・・?
相変わらずガスの多い重〜い雰囲気です、

小屋から上は大体は雪の上。冷え込み弱く斜度も弱いのでアイゼンは履かずスタート。
この辺りだけ完全に夏道。自然って不思議ですよね。
小屋に宿泊荷物は放置して軽い荷物でちょうど1時間程度で、ハッキリは出ない朝日とともに銚子ヶ峰山頂。
この先はなんだか嫌な感じ〜
視界が利かないので、確実に安全なラインで進めます。
地図を見て狙っていた下の雪面へのショートカットラインも残念ながら笹がしっかり出ちゃってるのでパス。
忠実に尾根のジャンクションから標高差約200mの雪面下降。
笹を避けながらもほぼ雪で快適歩行。

行きは良いけど帰りに登るの嫌だな、、
相変わらず視界が利かないまま、小さなアップダウンを越えながら進めていきます。

この辺りから昨日の写真を拡大してにらめっこ。
現在地を予測して藪を下から巻くべき or 登るべき or 突っ込むべきか。
笑えるぐらい助かりました。笑
最後は藪を行くしか無かったんですが、うっすら踏み跡らしきものもあったし、藪も低くて優しめで助かりました。
小屋から約3時間半でいろんな意味でようやく着きました「願教寺山」!
三角点は出てましたがもちろん標識はありません。
さあ、どーこだ?笑

この藪が一番強烈でしたね。
でもそんなに長くなくてよかった。
帰りになるとなんだか晴れてきました!
行きに晴れてくれたらもっとライン考えるの楽だったのに。笑

真ん中のあたりが銚子ヶ峰ですね。
最後には三ノ峰や別山まで見えてきました!

その後も往路を戻り避難小屋まで戻って荷物を回収。最後に雨に降られてしまいましたが無事下山しました。
少しバテてしまった方もいて約10時間の行動となりました。
お疲れさまでした。

ページトップへ戻る