山のぼり ツアーレポート

2019/4/20  残雪の霞沢岳

こちらも毎年の人気ツアー。

夏道はあるけど遠い、霞沢岳を残雪利用のオリジナルルートで日帰り登頂。

意外と知られてないけど、穂高連峰が目の前にどーんと構えている絶景のお山なのです。

例年通りペンションしるふれいさんに前泊でお世話になり、早朝タクシーにて釜トンネルの出口まで!(片道およそ一台3500円)

5:15最初からアイゼン装着して出発!
いつもより雪がたっぷり。
とっても嬉しいのですが、冷え込み弱すぎ、、、
いきなりザクザク雪のラッセル地獄が始まりました。
ブーツが埋まるのは当たり前。
膝まで埋まることも多々。腰まで行くこともそれなりに。
先頭で1人ラッセル。心が折れかけました。(笑)
若くて体力ある時でよかったー(^ ^) と、ガイドは思うのでした。
落とし穴にはまるゲストさん。
出来る限り怪しいとこは避けるのですが、私も含めよく埋まりました、(笑)
いつもは岩が少しでてる細尾根の場所も雪がたっぷり。
雪は春だけど、なんだか厳冬期の山みたいで、これはこれでいいですね!
振り返れば、平湯方面。
一番奥が乗鞍かな。
予報よりいい天気です!
足を上げても上げても進まない難路をなんとか踏ん張り続け、やっと途中の小ピーク。
スタートからおよそ3時間。
もう気分的には見える山頂まで登ったぐらい歩いたよ(悲)
最後の50mぐらいだけ締まった雪でした!
樹林帯を抜ければもう近い!
みなさ〜ん、あとちょっと頑張ってくださいー
10:15 やっと着いた〜!
日本200名山の霞沢岳!
いつもの倍ぐらい疲れました。

でも、この景色を見れば復活!この山はやっぱこの景色でしょ!
これは一見の価値ありですよ〜
ちょっと風も強いので、写真撮ってサクッと下山開始。
上部だけ滑落して谷に落ちていってもらっては困るので、ロープで確保しながら下山します(笑)
最後少しトラブルがあり1時間ぐらい余分にかかり15:30道路へ下山!
タクシーで宿まで戻り解散しました。

お疲れ様でした!

ページトップへ戻る