山のぼり ツアーレポート

2018/12/7  名鉄トレッキング・丹沢

今回は二日間をかけて丹沢山塊を縦走してきました!

初日は天気が良く富士山もバッチリ!
二日目は打って変わってガスの中、でも霧氷やエビのシッポが見られました(*^^)
冬を先取りしてきました!

一日目
【7:10】名鉄バスセンターより出発!

長〜いドライブを経て登山口近くの駐車場に到着。
準備運動を済ませてたら、まずは登山口に向かいます。
10分ほど舗装路を歩くと登山口に到着です。
進行方向右手クリステル人形と記念撮影をして出発〜

【12:10】登山開始

さすが丹沢のメインストリート、大倉尾根はよく整備されています。
この時期は土日のみ営業ですが、尾根にはいくつもの茶屋や山荘があるので、その都度ベンチで休憩出来ます。

【13:05】見晴茶屋

この辺りから、丹沢らしい木の階段や木道が増えてきました!
延々と続く階段はもう、黙々と登るしかありません(笑)

掘山の家からは、一番きついと言われている急坂の階段エリアが続きます!
標高が1000mを越えた辺りで大分視界が開けてきました!
階段の踊り場でふと振り返ると富士山も見えたりして・・・(*^^)

立花山荘で富士山を眺めながらのお昼休憩♪
最後の登りに気合が入ります!!

【4:20】尊仏山荘に到着!
塔ノ岳の立派な標柱で記念撮影をし、小屋でまったりと休みます。
夕食は美味しいカレーでした(´ω`*)♪
二日目
ヘッドライトを装着し、5時30分頃に出発!
出だしは下り階段です!!
寒波の影響で木の板が凍っていて危ない・・・慎重に行きましょう!
この時期は6時半くらいにならないと明るくなりませんね〜
しかも、木道や階段が大体凍っているので本当に注意が必要です。

小さなアップダウンをいくつも越え、丹沢山塊の最高点である蛭ヶ岳を目指します!
さぁ長い道のりですよ〜
【7:10】丹沢山に到着〜

辺りはガスに覆われています。
前日とは違って寒めでした・・・
風の通り道では木や笹が白くなっていました。
ぷちエビのシッポも見られて、急に季節が進んだ感じです。さすが標高1600m付近ですね!
ルートで唯一の鎖場です。
鎖には頼らず行きましょう〜

皆さん余裕そうでしたね、さすが上級者です!!
【9:15】蛭ヶ岳に到着
丹沢山塊最高峰の1673m。集合写真もバッチリ撮りました!
山頂には山小屋もあるので、トイレ休憩〜
さぁ、ここからが試練の始まりです。
なんてったって階段です。
標高300m分くらい階段でした(笑)

この階段は凍っていなかったので助かりました・・・
【10:30】地蔵平
この日はこちらでお昼タイム!
倒木が良い感じにベンチになりました(*^^)

階段は一旦終了です。
下り基調の登山道を進むこと30分ほど・・・
姫次に到着〜
ここから道幅が広くなっていきます。
途中東海自然歩道に合流し、八丁坂の分岐で八丁坂の頭方面へ進みます。

【11:40】八丁坂の分岐
頭を過ぎると、急坂スタートです!
登山道整備に使われるモノレールラインが、登山道脇に見られます。
線下をくぐる所も(*^^)
地形図通り、最後まで急でした(笑)

【13:20】登山口に到着!
ここから、バスが待つ駐車場まで、長〜い舗装路を下ります。
【14:00】青根の諏訪神社
この神社の裏手に駐車場があるのですが・・・
パッと見えた杉がとっても立派だったので少し寄り道をしてしまいました(*^^)
大人が手をつないで10人分くらいの胴回りだそうです、立派です!!

神社から2・3分で駐車場到着〜!
近くの温泉で汗を流して、名古屋までロングドライブです!

皆さま、お疲れさまでした〜!!

ページトップへ戻る