山のぼり ツアーレポート

2018/11/7  タカンボウ山と袴腰山〜三方山〜猿ヶ山〜大獅子山縦走

五箇山と言えば、300名山の大門山や大笠山が有名ですが…
今回はその縦走路を眺めながらお隣の山を歩いて来ました!

初日はスキー場アクセスのタカンボウ山をピストン、二日目は袴腰山から猿ヶ山経由でブナオ峠まで歩きます。
濃さは違いますが、どちらも笹薮を楽しめます☆

一日目
新高岡駅に11時に集合し、車でタカンボウスキー場に向かいます。

【12:05】タカンボウスキー場
スキー場のレストハウスがあるところから林道を5分ほど上がった所に、ちょっとした駐車スペースがあります。
【12:30】スキー場トップ
スキー場トップから一段上がると第一鉄塔です。
第一鉄塔からは、尾根沿いに付けられた巡視路を進みます。
目指すは第二鉄塔!!
【13:05】第二鉄塔
第二鉄塔から少し藪ですが、すぐに良い感じに笹が刈られた登山道に出ます。
所々に赤いペンキの目印がありました(^^)
【14:00】タカンボウ山
山頂付近は藪が濃いめです。
山名標識はありませんが、よ〜く探せば三角点があります!
見つけられるかな〜??
往路を戻ります。
激坂を降ると…【15:10】第一鉄塔に到着。

スキー場トップからの景色がなかなかに綺麗でした(´ω`)
20分ほどで車に戻り、赤尾館さんに向かいます!
二日目
今回は袴腰山〜ブナオ峠ルートなので、ブナオ峠に車を回送しました。
登山に必要のない荷物を宿で預かって頂き、6時にタクシーで宿を出発!

30分ほどで袴腰山登山口に到着〜?
【6:40】袴腰山避難小屋
袴腰山が目の前にドーンと見えます!

朝露でズルズルの登山道を上がること40分、【7:20】袴腰山
山頂に到着〜
山頂には南北に展望地があり、櫓もありました。
袴腰山からは一旦降ります。
このく下りがまた滑ること(笑)
かなり長いロープが設置されていました、足を置いたそばから滑っていくのでロープは助かります(´ω`)
昨日登ったタカンボウ山へと続く、送電線を潜ります
この送電線があるおかげで、鉄塔の巡視路がこんなに綺麗に整備されるんですよね〜(^^)?
この辺りは視界が良く、三方山までの道がよ〜く見えました。
とても気持ちのいい縦走路です!
【8:45】三方山三峰通過。
幅広快適ロードは続く!
【9:05】あっという間に三方山二峰に到着。
二峰のピークにも三角点があるのですが、藪が濃すぎて断念しました…

二峰と一峰の間に分岐があります。
この分岐を過ぎたところから巡視路を外れるので、道が怪しくなってきます(笑)
藪っぽいです。
踏み跡はしっかりと付いていますし、ピンクテープもたまにあるのでそれを辿っていきます。
【10:30】三方山一峰
三つのピークで三方山です!
徐々に藪が濃くなってきました、この藪は大獅子山手前まで続きます。
【11:30】猿ヶ山
今回の最高地点(1448m)に到着です!
山頂は刈り払いされていて快適でした。

この先も、相変わらず藪です。
唐突に出てきました、手作り感溢れる「3/5」看板。

「4/5」は見つけられないとの噂でしたが…本当に見当たりませんでしたね(笑)
ブナオ峠まであと半分くらい、頑張って藪を漕ぎましょー!!
大獅子山への分岐には、遭難碑とピンクリボンがあります。
ここから、薄くなる踏み跡を辿り、グングン登ります。
【13:40】大獅子山山頂
山頂付近の藪はかなり激しめでした。
熊さんの絵が描かれた可愛い看板があります(^-^)
山頂から遭難碑の分岐まで戻ります。
ここからはひたすらトラバース。
雨が降ったら滑りそうな、傾斜のついた斜面です。
【14:30】ブナオ峠に到着
赤尾館で荷物をピックアップした後、五箇山の温泉に入りスッキリ!
17時頃、新高岡駅にて解散となりました。
皆さまお疲れ様でした!!

ページトップへ戻る