山のぼり ツアーレポート

2018/11/3  筆頭岩クライミング

妙義中ノ岳神社の駐車場から、実は見えている筆頭岩

名前の通り筆の先のように尖った山容
ですが、登ってみるとそうでもない。

角度によって見た目が大きく変わり、登りやすいラインがあるんです。
登山日和が続く中、快適登攀してきました。

天高く馬も人も肥える秋(笑)

移動性高気圧の周期にすっぽりハマった祝日週末日本列島
各行楽地は大賑わいでしょうね〜

御多分に漏れず紅葉はイマイチですが賑わう妙義
さくらの里に【9:40】到着

この時期のコアタイム(日差しがあれば暖かい時間)は10:00~14:00なので、
集合が少し早い気もしますが、コアタイムを狙うなら丁度いい

準備を整えて出発
道路脇を少し歩けば取り付きに到着【9:55】

見上げる先はロープ無しでも行けそうですが、一応ロープを繋いでクライムオン!
簡単な登り(U+ぐらい?)を終えれば一気に視界が開ける!

目の前には中ノ岳の山塊!
右手は相馬岳の山塊!

抜ける青空と相まって極上の展望!
次のピッチも簡単で快適!

難しすぎない登り。でも高度感は抜群
しかも、この筆頭岩は妙義にあるのに岩は妙義じゃない

妙義本体の岩と質が違って、比較的硬く登りやすい!

ビレイステーションなどは構築されていないので適当にピッチを切ります。
なので、ピッチ数は人それぞれ

今回は時間もあるので短めに切って
岩を満喫プランです(笑)
数ピッチ登ったところで小ピーク到着

独立している岩塔なので周りに遮る物無し!
筆頭岩は尖ったニードル状に見えますが、実は薄っぺらい三角形

なので見る角度によって三角形に見えたり、細く尖って見える
松井田から見ると尖ってます

薄っぺらいって事は両側は切れ落ちてます当然。
なので高度感バツグンです。
小ピークの先がハイライト!

最も幅の狭い所を戸渡!
戸隠より細いかな?距離は短いけど。
さらにその先が一番岩が立っているところで
一番面白いセクション

難易度はVぐらいか?
決して難しくはない、ただ一歩だけ足場が高い所があるぐらい
そこを過ぎればもう山頂に着いたようなもの

景色をゆっくり見れるのでしばし鑑賞
欲を言えばもうちょっと木々が色づいてくれていれば良かったけどね
山頂に【11:15】到着

時間もあるし景色を眺めながら大休止
下山は懸垂下降

ガッチリ支点が整備されていて
ありがたく使わせていただきました。

先ずは一段下まで短い懸垂下降

丁度懸垂の足慣らしにもってこいの距離
そして2回目は結構長い

50mロープじゃ足りないので2本にして下降
距離にして40mぐらいか?

お二人とも余裕でこなして帰着
毎回ドキドキのロープ引き抜きも、引っかかることなく無事終了【11:50】

順調に行き過ぎて、昼食前のひと登りになってしまったので
降りてからプチロープワーク講習

今更聞けない事や、知っておくと為になる技術などを軽くおさらいして終了
下りてきてもまだ快晴!

帰路、振り返ると日が当たった筆頭岩の雄姿がドン!
ちょうど右側のリッジが登ったライン

快晴微風、ポカポカ陽気の文句のない日和
難しすぎないクライミングで妙義シリーズの足慣らしに最適です!

ページトップへ戻る