山のぼり ツアーレポート

2018/10/28  会津朝日岳

会津只見
たぶん日本屈指の山深い里

そんな只見の里が、彩られて一年で一番綺麗な季節の秋晴れ
絶好の登山日和+紅葉のピークが重なり文句なしの秋の登山になりました

日本に生まれてきて良かった〜〜

那須塩原駅に集合後、雨の中のロングドライブ
明日は晴れるのか?と不安になりながら只見駅近くの宿に投宿

次の日、予報通りに晴れたよ〜!!
朝食を6時半に頂き【7:00】出発
イワナ小屋を通り過ぎた奥の会津朝日岳赤倉沢登山口に到着

身支度整え出発【7:15】
久しぶりに晴れた週末とあって
すでに車は数台

橋を渡ってスタート

数年前に大水で荒れ果てた道もすっかり回復して整備もバッチリ
しばらくは緩〜い登りが続き、渡渉は2回

前日が雨でも飛び石で渡れて靴を濡らすことも無し
日陰の沢歩きから尾根に出て傾斜のキツイ歩き

ジグザグに標高を稼いでいると陽が当たりだした!
輝く紅葉
んん〜〜美しい!やっぱり光が無いと鮮やかさは出ないですね
ぽかぽか陽気に輝く黄色と紅

息を弾ませ快適に登っていると展望の開ける所に出た!
はぁ〜〜なんちゅう良い天気!

まさに抜ける青空の秋晴
さらに少し進むと、目指す朝日岳も見えて来たよ!
(写真右の一番高ところがピーク)

意気揚々と【9:40】叶の高手に到着
そこから100mほど下り登り返し

その途中の展望がきくところから見えた景色が印象深い
只見らしいスラブが紅く燃える山肌から白い顔を覗かせる

白と紅と何故か尾根筋だけに茂る針葉樹の緑
その三色のコントラストが不思議な景観を作ってました

まさに息をのむ絶景

鞍部から少し登ったところにある避難小屋

【10:25】通過
中は結構広いけど、スス臭い。


そして最後に聳える稜線直下の岩場

まぁ只見らしいスラブの一部って感じかな
乾いていればそれほど難しくないけど、いつ来ても少し湿っぽい


気を使いながら一歩一歩。
稜線に出てホッとして、少し行くと最高点に到着【11:10】

でも山頂と呼ばれるのはここじゃないんだな
最高点よりほんの少し下ったところが山頂

要は三角点がある所がこの山の山頂(って事になってるらしい)
【11:15】到着

先行者数目で結構賑わう山頂
展望は秋の澄んだ空気のお陰で極上!

遠くの山まで見える〜〜!
どれが何て山かって?

全然分かりません(笑)
確実に分かったのは、守門、浅草、燧ケ岳ぐらいか?

写真は、かのマイナー12山に数えられる毛猛岳(えっ?知らない?)
こっちは燧と至仏(左)、越後駒、中ノ岳(右(たぶん))

あまり馴染みがない山域はよく分からん(よく行く山域でも分からんけど(笑)
そして、最後に只見らしいスラブと

奥の左手に見える湖が田子倉湖
と矢筈岳のある川内山塊

さすが只見、360°山やまヤマ・・・しかも集落もほとんど見えない山深さ

深山幽谷の極上の展望を満喫して下山
最初の岩場の急斜面は、冷や汗ものの緊張感ですが

それを過ぎれば紅葉を眺めながらの極上漫歩
さながら紅い廊下
そして降りてくるほど色彩豊か
朝と違って光があるので、より綺麗!

まさに錦!!
山粧うとはよく言ったもんだ。

黄色トンネル抜け
着飾った山肌を縫って歩き登山口へ【15:00】

極上の色鮮やかな秋の山
岩山も良いけど日本の里山っていいね〜〜(しみじみ)


ページトップへ戻る