山のぼり ツアーレポート

2018/10/15  屏風道から八海山〜五竜岳〜阿寺山

新潟県な魚津にある八海山。
山頂付近はギザギザの岩峰「八ツ峰」があることで有名です。
越後駒ケ岳・中ノ岳とともに越後三山と呼ばれています。

麓のスキー場にロープウェイがあるので、千本檜小屋までは楽にアクセスできますが、今回は一番岩場を通るルート「屏風道」にチャレンジしてきました!
岩好きにはたまらないルートを満喫してきました!(*^^)

一日目
10時45分に浦佐駅に集合の後、ゲストのご協力を頂き下山口に車を回送します。

【11:20】屏風沢2合目駐車場よりスタート
まずは渡渉です。増水したときの為に簡易的なゴンドラがあります。
水量は普通なので、飛び石で渡って行きます。

沢を渡ると樹林帯の中を進みます。
【12:25】四合目
ここまではごく普通の登山道を来ましたが、この先少し進むと突然岩場が始まります。
一つ目の岩場。周りの草で目立ちませんが、鎖がついています。
この時点では普通の岩場ですが、少しずつ激しくなって行きますので〜(*^^)

岩自体は少し湿っていて結構滑りますのでご注意を!
岩場ゾーンに入ると、本当に岩・岩・岩!どんどん標高を稼げます(笑)
垂直に近い岩壁もあり、中々にスリリングです。

痩せ尾根でふと振り返ると、魚津の街並みが見えました!遠くに米山が見えますね〜♪
【15:00】七合目
地図の危険マークがあるのがこの辺りです。
ここから不安な方はハーネスを装着、ロープで確保しながら進みます。
危険マークが無くても危険地帯・・・小屋のすぐそばまで気は抜けません。
17時頃小屋に到着〜
小屋脇に、明日通る八ツ峰の案内図があります。

夕食にカレーを頂き、早めに就寝します。
2日目
朝食を頂き、ハーネスを装着して6時10分に小屋を出発。
まず目の前の地蔵岳を目指します!

八ツ峰縦走路に入るとすぐに分岐があります。まっすぐ行けばう回路へ・・・
今回はギザギザを通るので、左の岩の方に進みます。
地蔵岳は行き過ぎて後ろから回り込むような形で道がついています。
もちろん鎖場!必要に応じてビレイしますよ〜
地蔵岳・不動岳・七曜岳・白河岳・釈迦岳・摩利支岳・剣ヶ峰・大日岳の順で並んでいます。
「八」というのは、「たくさん」という意味でよく使われますが、この八ツ峰は本当に八つの峰があるんですね〜

看板には一応、初心者は不動岳までにしておいた方が良い、と記載されています。
私たちはそのままいきます〜

【7:40】白河岳
標石の、名前がかすれて読めないのが白河岳です。
白河岳から釈迦岳へ・・・
下りの岩場も中々です。出来るだけ鎖に頼り過ぎずに行きましょう!
安心のビレイバージョン。
怖いけど楽しい!といった感じでしょうか(*^^)
途中いくつか岩場のトラバースもあります。
危なそうなところはとにかく鎖がついているので、そこまで難しくはない印象です。
ただ、斜度が立っているのと、「滑ったらどこまでも行く」感が怖いかもしれません。
今回通らなかったう回路は、結構標高を落として岩場を巻くようですね。トラバースが多くて、それはそれで危ないとか・・・

八ツ峰で一番激しいのが大日岳です。
登りはハシゴからの垂直の壁、下りは15mの壁という(^-^;

【8:30】大日岳
大日岳からの下り。
ここは二人ともビレイして降りてもらいます。
余裕の表情ですね〜
下から見るとこんな感じです。
下りてみると結構高いなぁという感想(´ω`*)
もう一段ありました・・・
逆ルートの始点なので、「ここから危険・う回路あり」のレリーフが岩に埋まっていました。

ここからは岩々を離れて一般道を歩き、入道岳を目指します。
【9:50】入道岳
危険地帯は通過しました!

小休止を入れつつ、ハーネスを外します。
気持ちの良い尾根道が続いています。すぐそばに越後駒ヶ岳と中ノ岳が見えます♪
【10:25】五竜岳
分岐に五竜岳の標柱が・・・本当のピークには特に何もありませんでした。

この先は中ノ岳への縦走路と別れ、阿寺山に向かいます。
五竜岳より下ると、池塘がいくつもでてきます。

写真の大きなピラミッド型の山が入道岳、その左にポコポコしたピーク群が八ツ峰です。
【12:20】阿寺山
道から少し外れて、片道10分ほどの阿寺山に寄り道します。

分岐に戻り、ガッツリ下ります。
粘土質がの土がよく滑るのでご注意!
どんどん急になります。
こういうところは、ストックがあると楽に下れますね〜

【14:50】ジャバミ清水・水場
特に標識はありません。
ここからは沢の中の歩きやすい所を選んで歩きます。
始めは水が流れていますが、しばらく下ると涸沢に。
【15:40】龍神碑
龍神碑より10分ほど下ると大きな沢と合流します。
以前は道があったようなのですが、増水した際流されたようで、左岸を適当に歩きます。
高巻きや迂回するところにはピンクテープがついています。
堰堤の壁の上を歩くところもありました。
いくつかの渡渉・橋を渡ると、またピンクテープに誘われて沢を離れて行きます。
ここまで来れば下山口はすぐそこ!

【16:20】下山
二合目登山口まで車を回収に行き、マイカーの方とはそこで別れます。
浦佐駅の近くで温泉に入り、17時30分頃浦佐駅で解散となりました。

皆さま、お疲れさまでした〜!!

ページトップへ戻る