山のぼり ツアーレポート

2018/9/19  北岳バッドレス第4尾根 vol 1

北岳の山頂に突き上げる第4尾根のクライミング

クラシックルートですがアルパインクライミングの入門としては最適!
天気に恵まれれば、この時期は紅葉と富士山を眺めながらの爽快な登攀を楽しめる抜群のロケーションなんです!

ここ最近のガイド殺しの長雨はこのツアーでも相変わらず。
でも、雨が降る前にギリギリ登れました!

恨めしい秋雨前線
相当のガイドが殺されている週末雨が続く9月

今回vol 1の日程も、最初は天気予報が良かったけど日が近づくとだんだん悪くなって怪しい雰囲気
入山の初日はフジアザミも喜ぶ最高の晴天!でも明日は下り坂・・・。

今日登りたかった〜〜・・・。

太陽サンサン、汗ばむ陽気の中、2時間ほどで白根御池小屋に到着【14:05】

明日からの天気予報が悪いせいか、晴天にも関わらず人影も疎ら。
お約束の生ビールを、気持ちのイイ外でひっかけながら天気チェック

やはり明日は天気がもっても10時まで。今日の天気が勿体無い・・・。
ギリギリだな〜と、少しでも長く天気が持ってくれることを祈りながら就寝
次の日

夜も明けきらぬ3時ころに起きて天気チェック
昨日と予報は変わらず。

何とかバットレスを抜けるまで雨降らないでね〜〜と神様にお願いしながら朝飯かけこみ出発【4:00】
5時を過ぎると彼誰時

空は一面薄雲の高曇り
久しぶりのアプローチに手間取って下部岩壁基部到着は【5:40】

平日でこの天気予報なので誰も居ない(当たり前か)
気温も少し低めなので、一枚羽織ってハーネス・ロープ装着
誰も居ない貸切の5尾根支稜をクライムオン(V〜ぐらい)
先行者が居ないので落石の心配がないのがいいね

まだこの時間は雨の気配名無しなので、こころ穏やかに登り進める(笑)
紅葉も稜線付近少し下はちょうど見頃!
まだ降らないとは言え雨雲にお尻をつつかれてるので素早く進行

【5:50】登攀開始 【6:50】下部岩壁3P登攀終了 
横断バンドをトラバースしてCガリーのガレ場を登って「4」の目印に【7:05】到着

今回は時間がないので4尾根下部はスルー

第4尾根上部岩壁取り付き到着【7:15】

順調この上なし。
あとは天気が持ってくれるか?

写真は1P目のクラック
Mさん余裕のピースサインですね〜(笑)

濡れてるとこのクラックが滑って滑って怖いんだこれが。
今のところ雨がなくて良かった〜〜。
さっきも書いたけど、稜線付近は紅葉真っ最中!!

曇天でも以外に綺麗だね〜!
富士山もまだ見えてる!
上部岩壁ももちろん貸切!

気兼ねなくラインは選びたい放題(笑)

貸切、比較的固い岩、難しすぎないレベル、そして何よりまだ濡れてない乾いた岩
、さらにこの時期は紅葉が辺りを包む

最高のローケーション!
Mさんもピースサインでるわ(笑)
もういっちょピースサイン
好きだね〜〜(笑)

マッチ箱への登りもサカサカ進んでるとポツポツとたま〜に当たる雨粒

んん〜〜もうちょっともってよ!
マッチ箱に【8:35】到着

懸垂一発12〜13m。
余裕でこなして、再登攀。

雨粒の頻度は多くなってる気がする・・・急げ!!
とは言え、焦って事故したら元も子もないので登りは慎重にね。

マッチ箱から松ノ木テラスまでが、一番高度感もあって登攀レベルもちょいムズ(Vぐらい?)で面白い!ここ一番のハイライト!!
その後、一度しっかり降り出して岩も濡れ出して万事休すか!?と思ったけど持ち直してセーフ!!

城塞チムニーを登ってバットレスを抜けたのが【9:45】
登り終えて身支度を整えているとサーッと雨が・・・・いや〜ギリギリでした。

山頂までのしんどい登りを息を切らせて稜線に出ると、風雨が襲ってきた!
バットレスト反対側は風雨ひどい状態でした。
なので山頂【10:20】は写真だけとてトットと下山
稜線は風雨に耐える歩きでしたが、少し降りれば風もなく穏やか。雨は降ってますけどね。
小屋に戻ったのが【12:05】
次の日が荒れる予報なので小屋の人に無理を言ってこの日の内に下山することに決定
そうと決まれば、14:00のバスに間に合うようにドドーッと下って広河原に【13:50】到着
これまたギリギリセーフ!
濡れ鼠での下山になりましたが、バットレスは濡れずに登れたから良しですね!
お天道様、今回は味方してくれて有難うございます!
でもvol 2 は晴れでお願いしますね!!

ページトップへ戻る