山のぼり ツアーレポート

2018/7/6  カムイエクウチカウシ山転じて剣山

ここ数年天気に恵まれて、問題なく登頂出来ていたカムイエクウチカウシ山
パワーゾーンのカムエク登頂率は高いぞ!って調子に乗ってたら・・・

ご存知の蝦夷梅雨状態
しかも、梅雨末期のような強い降りが前日まで続きカムエクも断念

次の日の晴れがもったいないので、時間つぶしも兼ねて登った「剣山」が思いのほかピリリとした山で、良かったのが救いかな・・・。

皆さんまたリベンジしましょう!

ガイド:高橋 守

さあ〜やってまいりました恒例のカムエク!
何時も通り天気予報チェック!ただ違うのは今まで散々この地方に雨が降っている事。

日程は予備日を含め5日〜8日、天気予報は5日雨・6,7日晴れ・8日曇りのち雨
んん〜〜〜めちゃくちゃ悩ましい・・・事前に中止も考えましたが中日の2日間が晴れる予報(あくまで予報ですが・・)なので行ける所まで行こうと決定
集合後予備日を使うのでこの日は日高山岳センターにイン

予定は以下の通り
・6日に出発、八の沢まで入れればOK⇒予定通り
・もし水量多く八の沢に入れなければ七の沢でテン泊
・7日に少しでも水量が減ることを期待して7日に七の沢からカムエクアタック
・それも無理なら諦める

夕方の天気予報を見て最終決定します!とアナウンスして
どんなに睨みつけても変わらない天気予報をみながらアイドルタイム
センター入口のピョウタンの滝もこの濁流プリ・・・。
この日(5日)の雨がかなり強かったので、正直明日の渡渉は無理だろうなと半ば諦めてました・・・。

夕食がてら町に降りる時間が、丁度天気予報の発表の時間
チェックしてみると・・・なんと7日も雨予報に変わってる!!

これで自分の運も尽きました・・・。

現時点でのこの水量⇒明日は晴れそうでも水量はどれだけ下がるか?⇒夕方の今の時点でまだ降っている⇒決定的な登頂日の7日も雨予報⇒泣く泣く中止決定

夕食時に憂鬱な中止発表
でも皆さん納得してくれてました(よね??)

そうと決まれば買い込んでセンターでプチ宴会(笑)
あれこれと山の話に華が咲き、この先の予定をいろいろ考えながら一杯やりました
6日の晴れが勿体無いということで、近場のお手軽そうなやま「剣山」に希望者は登ることに決定

空港⇒駅⇒と経由して登山口に【9:15】着
天気は全然晴れじゃない(苦笑)
ま、暑くなくていいかと出発

剣山は帯広の西、芽室岳の隣にある1200mほどの山
神社の御神体とされているようで、すごく整備された歩きやすい山でした。

石像が並ぶ厳かな道を登って行きます。
歩きやすい道をドンドン登っていくと、ドンドンガスが濃くなる。

しかも結構気温も低く登山口で13℃。
渡渉してたら寒かったかも。

おかげで暑くもないので、ソコソコのペースで登ると、後半に出てきた難所

下調べであることは分かってましたが、思った以上に高度感がある!
でも難しくはないので慎重に通過
ピリリと気の引き締まる登りを終えて

【11:50】山頂到着
情報通り剣が刺さってました。
天気予報から山頂の展望を期待してたけど、まったく見れず・・・残念

晴れれば十勝平野と日高山脈の展望地(らしい)
でも、もしかするともっと標高の高い所は晴れているようなが気がする、頭の上のガスの濃さ

カムエク山頂は晴れてるかもね〜〜
ひとしきり休憩後、緊張の下り

以外に山頂周辺は険しいんです。
ただ漫然と登っているよりいいけどね。
難所を過ぎればドドーーッと下って、【14:15】には戻ってきました。

5時間ほどのお手軽登山で北海道百名山を一座ゲット(笑)
思ったよりいい山でした。

まぁでもカムエクの代わりになるような山じゃやないけどね・・。
天気には勝てません山は逃げません、また次回晴れることを願ってリベンジしましょう!
散々雨にやられた今年の北海道ツアー

まともに登れなかったな〜・・・。
こんなのは初めてですね。悪い周期にちょうどハマっちゃいました。
でも、これも自然相手の遊びだから仕方なしです。

帰りのフェリーで朝になって眺めた太陽は1週間ぶりでした・・・。

ページトップへ戻る