山のぼり ツアーレポート

2018/7/1  ニペソツ山、石狩岳

恒例の初夏の北海道ツアー

梅雨の本州を抜け出して、五月晴れの北の大地へ!
・・・のはずが、何故だかこの時期に北海道に横たわる閉塞前線

まさに蝦夷梅雨と言うにふさわしい連日憂鬱な天気
でも、ニペソツ山は何とか登れました

ガイド:高橋 守

P.S.今回の豪雨で被害に遭われた方々の1日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

関東は梅雨明けだっていうのに、ペテガリ、神威は雨で中止。
北海道に上陸後も曇天・雨続き。。。この先の予報も雨・あめ・アメ・飴?・・・

渡渉の多い北海道の山は行けるのか?と不安になりながらも帯広に集合して、一路糠平温泉へ
「次の日は雨の中の長時間行動ですね〜(笑)」と正に苦笑いをしながらの夕食を終えて朝

2016年の水害で登山口への林道が崩壊したニペソツ山は、廃道化していた旧道の幌加温泉からの道が拓かれたのでそちらからアタック
ご存知のとおり長い長い長い長い長い行程
もちろん宿の出発はまだ暗い【3:30】・・の予定がアクシデント(笑)で少し遅れ【3:45】宿発 【4:10】歩き出し

修行覚悟でしたが、雨が降っていない!!
気分少し晴れやかに最初の林道歩き約2km【4:45】林道終点着(写真)
林道終点からは、荒廃した元林道歩き

ここも2016年の水害の為かかなり荒れてました。
渡渉も数回(靴を濡らすこと無し)、道は明瞭
指道標はほとんど無し。

でも噂通りしっかり刈払いされていて歩きやすい(ドロドロになる所は多数)
ただ、最初の3時間は殆ど標高を上げないダラダラ歩きが続きます

行きはいいけど、帰りはダルい事間違いなし(苦笑)
スタートから3時間少々【7:35】

シャクナゲ尾根にやっと取り付いて少し登ると左手にニペソツ山!!
初めて見た〜〜!!何回か登ってるけど(笑)

今まで天気の相性が悪い山で今回もか・・・と諦めていたけどやっと見れた!!
でも遠いな〜〜・・
このシャクナゲ尾根は刈払いされていなければ、猛烈な藪コギを強いられる所でしたが、バッチリ刈ってありました!

地元?の方々有難うございます〜〜!
尾根のトップに来ると目の前に前天狗岳

これを登れば主稜線だ!
前情報通り、ここのコルから前天狗までは残雪有り

この時期に登るときは念のためアイゼンを持ってくることをオススメします。

雪に乗って休憩
今回は何とかアイゼンなしで登れました。
慣れていれば雪の方が歩きやすい

でも、今以上にしっかり雪が残っていればアイゼンがあった方がいいね
写真の真ん中が登ってきたシャクナゲ尾根

手前の雪田を登ってきました。
最後の急登に喘いで主稜線に乗り上げ、登山道に乗ったのが【9:20】

は〜ここまでで5時間!やっぱり長いね〜〜。
でもここからは快適な道(のはず)
ナキウサギさんに会えるかと期待してたけど、姿も鳴き声も無し
・・・残念

獲って食べようって訳じゃないんだから出てきて欲しかったな〜
頭を隠したニペソツ山まで2,5k!

あと少し!・・・じゃないねまだ長い。
ゴーロを終えて、天狗岳とのコルに下るところ来るとニペソツ山も姿を現しましたよ〜!

天気も薄日がたまに指すほど!
いいぞ〜〜!
コルまでドンと下って、最後のキツイ登り

本峰に近づくと、北海道の山には少ないイカツイお姿
しかも独立峰。
深田久弥が百名山に入れれば良かったと悔やんだのも分かりますね

でも考えることは山頂からの滑走はできるのかな〜?とか考えてました(笑)
足は疲れども気分は晴れやかに山頂へ

展望は抜群!
太陽はないけど高曇りなので遠くの山もバッチリ見える!
かえって暑くなくてイイ!

バックは大雪山!
そして【11:15】山頂到着〜〜!!

遠かった〜〜7時間!!
でもPZのプログラムだと、そんなに珍しくないか(笑)
マイナー12名山とかなら普通だもんね

しかし雨が降っていたらまさに修行でしたね・・・。
時間もたっぷり・・・は無いけど山頂でしっかり休憩

明日登る(予定)の石狩岳をみながら、どれがシュナイダーコースだろ?
(この日の時点ではシュナイダーコースまで車で入れることは確認済み、あとは明日の天気だな)
頭を隠していた、大雪の山並みも見えてきました!

真ん中右の立派な山はトムラウシ(たぶん)
左の山並みは十勝連峰

今日の天気は期待していなかったと言うか覚悟していただけに儲けもの!!
帰りも長いので【11:40】には山頂を出発
山の天気は変わりやすいとはよく言ったもんだ、帰りにかかるといきなりポツポツ・・・。

天狗岳に登り終わってしばらくすると本格的にザーッと降ってきて雨具装着
世の中そんなに甘くない・・・ハイ本当にその通りです゜(ToT)
まぁでも、登りで降られなかったんだし贅沢言っちゃいけない。

帰りは我慢しましょう。
難所と呼べるところは殆どなく、この雪田の下りぐらい。

カカトが刺さる柔らかさなので慣れている人なら問題なく歩けるレベルでしたけどね。
雪さえ終われば、後は修験道だと思って歩くだけ(笑)

がしかし、思っていたとおりダラダラ下りは長かった・・・。
結構なペースで歩いたつもりですがゲートの戻ってきたのは【17:20】

13時間!!久しぶりに長く歩きました。
でも、刈払いされていたし難所もほぼ無いので、後は心の問題ですねやる気があれば登れますよ

夕食時、祝杯を挙げつつ明日の天気の話

やっぱり雨予報、しかも強く降るかも。
大雨なら石狩岳は増水で閉じ込められる可能性と登山道が険しいので止めにして、ニセイカウシュッペに登りますかと話がまとまり就寝

次の日【4:00】出発予定時間
外は予想以上の大雨。車に乗るのも躊躇するぐらい。しかも、上川地方は警報まで出る始末

登山中止決定
二度寝しようと思ったけど、世紀の善戦だったベルギー戦がテレビで生中継中!
見ないわけにはいかない!
にわかサッカーファンでも手に汗握る試合を観戦して、よくやったと選手を称えてやっぱり二度寝(笑)

再集合後、帯広駅でB級グルメの豚丼をカッ喰らい、空港で何とか便変更に成功して帰る組はお別れ
そのご、残った方と雨の上がった帯広観光をちょっとして駅で解散

大雨にヤられましたが、あの景色のニペソツを登れたから良しとしますか。
次のカムエクも思いやられるな〜〜・・・。

P.S.結局この日大雪国道も層雲峡で通行止めになってました。行かなくて良かった〜。

ページトップへ戻る