山のぼり ツアーレポート

2018/6/10  岩稜縦走のための岩場講習

毎年、御在所岳で開催している「岩稜縦走のための岩場講習」
今年も関東方面からのゲストを交え1泊2日の日程で催行。
初日はバッチリの好天、二日目は台風の影響で小雨に降られましたが、濡れた岩場を登ったり降りたりするのも良い経験です。
2日目終盤には「いや〜、内容が濃いわ〜。これなら関東から出かけてきても価値あるわ!」という嬉しいお言葉までいただきました。
どうもどうも、ありがとうございました。

名古屋駅9:30集合。渋滞を避けて東員インターチェンジかか近鉄湯の山温泉駅に【1045】到着
11:00に駅集合の方々と待ち合わせ、御在所岳裏登山道口から出発【11:10】
この日の宿の「藤内小屋」まで北沢を岩稜に見立て遡りました。
足の置き方、摩擦の効果的な使い方、ホールドやスタンスに立つ時の注意などなど、フットワークを練習するのにもってこいの沢なんです。
沢登りでいうところろの「ヘツリ」ですが、岩場のトラバースと同じ要領ですよね。
この夏、ジャンダルムや剣岳、明神岳などに現れるコンディションを基本的にはすべて体験できるのです。
もちろん沢水に落ちたら「岩稜から滑落したと思ってくださいね」と、余分なひと言も忘れないガイドでございます(笑
1日目は、藤内小屋到着後に荷物を預けクライマーの世界「藤内壁」まで上がり、クライミングの初級ルートを登攀。
初級ルートとはいえ、一般登山道にはない難しさですよ〜。
さすがに登攀中の写真は取れないので、下山途中に藤内壁をバックにした一枚。
2日目、台風の影響で完全に雨と思っていたら・・・いつ降り出すかわからないもののほとんど降ってない!ラッキー

ただ午後には降り出すということで、早めに小屋を出発。
早めといっても、ここ御在所の山小屋の朝は遅いのです。朝食スタートをいつもより30分早めてもらい6:30朝食。コーヒーをいただき7:45小屋出発です(笑
この日はホーリッジで鎖やはしごを模した経験と、下降、カラビナの架け替えなどいろいろ。
ほんといろいろ経験します。
下降の要領を会得中!

お尻をついたらダメですよ〜なんてね。
V字コーナーの登り方としては足の置き方がポイント!

慣れないこともやってみないとわからない!
技術は知識ではなく本能です。
ホーリッジをどんどん登って通称ピンクの神様に到着。

こんなのが岩に打ち込んであります。
ピンクの神様に向かってワンセクションづつ登るゲストが霧に包まれてました。

残念なことに途中で小雨に降られましたが、本降りになることなく、不幸中の幸いです。
一般ルートの中道に飛び出し、中道キレットに到着。
一応クサリが張ってあるコースもあるのですが「自由にどこでものぼっていいですよ〜」の一声で各自コース選択。

ここに来るまでの岩場から見たら「かんたん、簡単」
トレーニングに同行したまだまだ見習中のガイド、ハッシーです。
諸先輩がたくさんいますからね〜。
彼女の下に後輩ガイドができるのはまだ数年先?だって若干23際の女の子ですから。
こちらはキレットの鎖場ルートを登るメンバーでがんす。
さて、中道の途中から地図には無い「日向ルート」で下山。

どんどん下って展望岩に立つと、お世話になった藤内小屋が眼下にポツンとたたずんでます。
もう少し下れば登山道!
こんなところも通過。
スラブの上に微妙に引っかかったステップ。
いつ崩れ落ちるかわかりませんから、岩にはボルトでロープが固定されています。
裏道にでて足早に下山。
最後の手作りブリッジを落ちずに渡ればもう安心。

雨を嫌って早めに解散(14:00)しましたが、充実の内容だったでしょ?

みなさんお疲れ様でした。

ページトップへ戻る