山のぼり ツアーレポート

2018/6/4  六林班峠〜奥袈裟丸〜小法師岳

さて庚申山のツアーに引き続きさらに山奥へ行きますよー。

六林班峠から奥袈裟丸までの不明瞭なルートを制覇し、さらに小法師岳を通って銀山平へ戻るという超マニア向けのルートです。笑

長〜〜〜〜い山でした。

今日も庚申山荘へ。

詳しくは前の記録をどうぞ。
さて二日目が始まりました。
笹薮具合で時間が読みにくいため明るくなるギリギリに出発。

4:00山荘を出発です。さあどんな道が待っているのか!?
目指す袈裟丸方面。
遠いぞ〜〜〜
7:40 笹薮を掴みながらとりあえず六林班峠へ!
今日もいい天気!ありがとう。

前回下山に使った時よりいい道に感じました。目指す山があるからか?笑
峠にはなぜかトラロープ。
鋸山方面と間違わないためか?

峠から見るとやばい笹の量。
でしたが少し進むとまさか・・・!
これは意外とあっさり行けちゃうのか〜〜
はい。あっさり行けるなんて希望は、あっさり打ち消されました。笑
踏み跡。いやこれはほぼ獣道。を探しながら行きますがわかりにくいところも多数。
もう無視して突っ込みます!
いや〜〜〜なかなかですな〜〜〜。
小柄な方は頭が出ないくらいの丈です。
藪の薄いところを探して探して突き進みます!
こんな感じ〜〜
ちょっと心が折れて来た!?笑
情報通り男山までが核心部でした。
ほとんど展望のきかない尾根。
見事な絶景が広がってました!
笹も低くなって来てるし!順調に進みます!
さっきまでのあんな藪が続いたらギブアップです。笑
峠から1時間半
まずは法師岳に到着!
1972年の看板。長い間登山者を迎えてくれてます。
長いけどどれぐらいの人が来たんだろう!?
ポイントポイントで笹は出てくるものの概ね快適。
とはいえ踏み跡もよくわからないところが多数。
鹿の道が多すぎますね。
意外と先の視界がききにくいので油断すると方向間違えます。
本袈裟丸(1961m)より奥袈裟丸山(1958m)
とりあえず最高点に到着しました!
9:40
見事なしゃくなげロードを通って奥袈裟丸山。
このあたりは流石に踏み跡が濃くなりました。前袈裟丸からきてるのでしょうね。
すこし戻って鞍部より小法師尾根へ向かいます。
小さな白い看板見えますか?
前の小さな尾根から行くのかと思いきや崖でした。(笑)
こんな感じの斜面から行くようですね。
その後も笹も多いですがそんな厄介なこともなく広〜い尾根を方向を間違えないよう進みます。
笹があるとこ全くないところ。
なんでこんなに変わるんだろうなー日当たりか?
小さなアップダウンを繰り返し進みますー
なかなか着かなかった小法師岳。
すこしバテたかたもいて14時になってしまいましたが無事到着です!
引き続き歩き続けて行くとなんだか山の雰囲気が変わってきましたねー
もう間も無く長い長い尾根を終わろうとしています。

さあ問題はその後!はたして!?
最後の三角点からコンパスのみを頼りに直線で歩いて目指す沢の上へ。
あら、割と行けるのか!?鹿の足跡がいっぱい!
いやーやっぱり激しいです、、、
足を置けば周りが崩れる(笑)
葉っぱも多くて凹凸も分かりにくいし。
気をつけて進むしかないですね(笑)
なんとか歩みを進めてホッとしたのもつかの間。先が見えなくなってあの先はもしや、
と不安に思いながらも引き返したくないので近づいてみると、なんとかロープ掴んでおりれる程度でした。よかったー
この後もナメ滝のヌルヌルにかなり苦戦させられましたが、
なんとかロープを掴みながら必死に通過。
17:30ごろ仕上げの渡渉。この川は水流は大してないけどヌルヌルで、滑って上半身まではいっちゃったかたも。
渡渉して斜面をよじ登れば駐車場!
が、意外とコンクリートの壁で登れるところ探すのに苦労しました。

今回はお一人バテてしまいペース上がらずでしたが無事着替えたりして18時ごろ車で出発。遅くなりましたが20時前高崎駅にて解散しました。本当にお疲れ様でした。

ページトップへ戻る