山のぼり ツアーレポート

2018/5/27  残雪の剱岳!

古く立山信仰では針山地獄と呼ばれた「剱岳」
尖った山容と深く切れ込んだ谷 岩と雪の殿堂

その深い谷に豊富に雪の残るこの時期に、残雪を繋いで剱岳山頂に立つこの企画
夏とは一味違い、アイゼンとピッケルを使いって雪と岩の剱を楽しめますよ!人も少ないしね。

実は天気が良ければ夏より楽に登れたりして。。。

再び訪れた立山室堂
前回きた東尾根登攀から約2週間

だいぶ雪も少なくなったとは言え、しっかり残ってます!
みくりが池もまだ開いてない!
まだスキー出来ますね〜(笑)

【13:00】に集合予定でしたが、皆さん早く集まったので【12:30】には出発
ひと登り半で別山乗越の御前小屋に到着【14:30】

乗越に来ると沢筋に白い残雪を湛えた剱岳がドーーん!!
いつ見てもカッコイイお姿。

明日無事に登らせてください!とお願いしながら剣さまに向かって足早に下って沢小屋まで。
雪の登り下りは早い。うえに今回参加のゲストは足が早い!

【15:05】剣沢小屋に到着
今年は水もしっかり取れるらしくシャワーも使える!!
しかも、今日は平日で空いている!

この上なく快適な小屋でのんびりとアイドルタイム
のはずが、大御所先輩ガイド多数でそうもいかない。。。(苦笑)
迎えた次の日
【4:00】起床 【5:00】出発

ありがたく用意してくれてる暖かい味噌汁で朝弁をかけこみ
明るいがまだ日が昇る前に出発
雲は多めだけど晴れ予報

天気予報外れないでよ〜!!

雪は夜の冷え込みでカチカチ

アイゼンの爪を利かせながら30分ほどで平蔵谷出合に到着【5:30】
岩壁に挟まれた一見険悪そうなこの谷が今回のコース

芦峅の名ガイドとして名を馳せた「佐伯平蔵」から名をとって「平蔵谷」
富山では谷をタンと読むので「ヘイゾウタン」

平蔵4代目は今、バックカントリーガイドとして活躍中です
雪の登りは早い!

しかも雪が固くて歩きやすい上に、ゲストが歩ける方ばかりなので尚早い!

途中から陽も当たりだして汗ばむ登り
傾斜は段々と増して来て、最終的には40°〜ぐらいか?

先週行った毛勝谷より緩い感じ
ゲストの足前も良いのでノーロープで最後まで行っちゃいました。
【7:40】には平蔵のコルに到着

めちゃくちゃ早ッ!!
別に急いで登ったわけじゃ無いんだけどね〜。

早く着いたのでここで大休止
こっから先は夏の登山道と一緒

違うのは登りも、夏の下りルートのカニのヨコバイを登ること
雪がこの先は無いと踏んでアイゼンはオフ

カニのヨコバイも登りだと何てことないね
途中、登山道のすぐ脇にで雷鳥さんのつがいと遭遇

縄張り期のオスに威嚇されて「何もせんから許して」と謝りながら通過(笑)
この時期のオスは気が強いね
雷鳥に追い立てられるように進んでいくと

もう山頂目前
【8:45】山頂到着!!

う〜〜ん順調すぎて怖いぐらい。
スタートから3時間半ほど

夏より早いかもね
後立山もズラリと見える好展望!

惜しむらくは春霞がかかってること
時間もあるので大休止して山頂を満喫
たっぷり休んで、少し肌寒くなってきたので下山

帰りは急がずゆっくり歩いて、カニのヨコバイも難なく通過
人も少なくて渋滞がないのがいいですね〜夏だとこうはいかない

週末のこの日も自分たち以外は、別山尾根から1組、源次郎尾根から5組ほど
他にスキーヤーが2組
全部で50人も居ないぐらいの静かな山でした
コルに戻って、また大休止【10:00】

アイゼンも再び装着
たぶん皆さん問題なく降りられるけど、ここはロープで繋がって下ります
平蔵谷をドドーッと下って出合に【11:00】

雪の下りは早くて楽!
でも、このコースだと最後に登り返しが待っている。。。

この標高差約300mの登り返しが堪える〜〜
急がずとも時間はたっぷりあるんだから、のんびり登ればいいんだけど

ついつい辛いことは早く終わらせたい心理が働くのか、頑張って歩いちゃって【12:20】には小屋に戻って本日早くも終了

早く帰りすぎてビールを飲み過ぎになりそう(笑)
快適な登山と小屋でのんびり祝杯!贅沢な時間だな〜〜。


飲みすぎない程度に(本当に?)飲んで最終日

赤く焼ける朝焼けが、この日も晴れると約束してくれてる
5時半の食事のあと、のんびり支度して【6:30】出発

昨日よりは柔らかいけど、固くしまった雪にアイゼン利かせて帰路へ
別山乗越に【7:15】到着

これで剱岳ともお別れです
まだまだ雪に埋まる雷鳥沢をあっという間に下って
【9:00】には室堂で解散して終了

3日間もよく晴れたくれました!
気温も暑くなく丁度いいし、人も少ないこの時期の剱岳
アイゼン歩行の練習も兼ねて登ってみるのもイイんじゃないですか?

ページトップへ戻る