山のぼり ツアーレポート

2018/6/2  庚申山〜鋸山〜六林班峠

名古屋から意外と遠い群馬県。
もっと近くならないかな〜

さてお山は100名山の皇海山のすぐお隣の「鋸山」と「庚申山」の破線ルート踏破を主の目的として行って来ました。
今回は快晴でしかもお花たっぷりでとってもいいお山でした〜

集合は、高崎駅に11:45とゆっくり。
意外と長い移動で13:30ごろ登山口となる銀山平かじか荘へ到着。
のんびり準備を整え14時前林道歩きをスタート!
林道をアスファルトから砂利道へと歩くことおよそ1時間。
登山道の開始地点の一の鳥居に到着。

暑いけど風が心地よくて助かりました(^ ^)
鳥居から沢を何度も橋で渡りながら高度を稼いで行きます。
いくつもの名前のついた岩を見ながらの登りです。

林道より風がなく暑い登り、花にパワーをもらいます!
16時やっとついた今日のお宿。庚申山荘。
こんなに立派ですが避難小屋。布団も重たくて綺麗ではないですがかなりの数ありました。シュラフがあれば基本は大丈夫かな?
今日は週末ということもあり我々含め30人近くは泊まってました。
小屋裏には九輪草(クリンソウ)の群生!とっても綺麗でした!

そしてその脇の沢水が近場では一番綺麗でしたね!
小屋の中の蛇口から出る水は葉っぱなどがたっぷりです、、、笑

さて明日に備えます。
朝は余裕を持って4:30に出発。
意外と他の方々も早くに出ていかれましたね。

小屋の脇を登っていきます。すごい岩だなー
残念ながらコウシンソウのあるルートは通りませんので見れませんでした。

ルートは結構楽しいですよー
岩があったりハシゴがあったりでどんどん高度を上げていきますー
1時間強踏ん張るとどこが山頂がわからない平らになり偽ピークに騙されました。山頂はもう一つ奥でした。
ここは展望もないので数分先の展望の良いところでゆっくりしましょう!
絶景!!!
最高すぎます!

立派な皇海山と目指す鋸山!
男体山や日光白根など!?

なんでもいいや!笑
とにかく最高なのです!
観音岳を越え白山とかからたピークの先が難所。
よく写真のある鎖のところはしっかり鎖を持ってゆっくり降りれば大丈夫でした。
その後も痩せ尾根や
こんなハシゴが出てきます!

少し不安の残るハシゴが多いですが、信用していきます。笑
失敗は許されないところが多いですが高難度ではないですので確実に!
今回はゲスト6名で少し難所通過に時間はかかりましたが8時に無事に鋸山に登頂!
皇海山がすぐ目の前となりましたがまだ先が長いので今回は行きませんよ。
15分程ゆっくり景色を楽しんで出発しますー
笹でしっかり濡れながら下ってきました。
まずは六林班峠を目指します!
予想より結構生い茂ってましたよー
油断すると遭難します笑
あーなんでもいい絵になるなー
1時間ほど笹を進めば峠に到着!
さてここからが長いようです、頑張ろう!
お!刈り払ってくれている!?
ラッキー
残念ながらラッキーな部分はすぐに終わってしまいました。
結構な斜面のトラバース道がいつまでもいつまでも続きます、、、
長いなー飽きてきました。が歩かないと帰れませんので歩きます。笑
12時前に山荘に戻ってデポした荷物を回収し、14時に駐車場まで戻ってきました!移動途中コンビニで栄養補給して高崎駅へと向かいますー
16時過ぎ無事解散!
お疲れ様でした!

ページトップへ戻る