山のぼり ツアーレポート

2018/5/27  金時山(クラブツーリズム)

はじめて山を登る方を交えて挑んだ金時山。
日本人なら一度は登りたい富士山ですが、いきなり登るのは無理があるのでこんな練習回を繰り返しながら山に慣れ、自身の体力を確認しながら目指す日本の最高峰!
お天気にも恵まれましたが、富士山は頭半分にベールをかけたままで、スッキリ眺めることはできませんでした。

名古屋駅 7:00集合 7:20出発
浜松SAと金時亭(金時力まんじゅうの店)でトイレ休憩のあと、乙女トンネル手前ふじみ茶屋で降車。
100mすすんだチェーンの掛かる林道入り口で体操して出発(11:30)
*写真後方がふじみ茶屋
林道をすすんで大きく右カーブした先の登山口から入山。
まずは乙女峠までジグを切りながらの登りです。
12:00ちょい過ぎに乙女峠に到着。
富士山が見られるように伐採してあるし櫓も組んである。

登山道を見てもわかるけど、相当たくさんの人たちが来る峠なんですね

でも富士山は・・・ちょと残念。雲、なくならないかな〜
峠の少し上にはベンチやテーブル。たくさんの人は座れませんが、あります。
で、目の前に大涌谷が水蒸気を上げてるのが見られました。

ランチを済ませて「12:35」乙女峠出発
峠から山頂までほぼこんな感じ。
樹林に囲まれ展望は期待できませんが、暑い日だったので涼しくてよかった〜
なんの変哲もない長尾山山頂。
山頂なの?
長尾山から少々下ります。
泥のところや岩場をトラバースしたり、ようやく変化に富んだ登山道に変わって「登山初心者には、これはいい練習になるね〜」とひとり呟くのでした。
1箇所?2箇所だったかな〜、大湧谷と芦ノ湖が眺められる絶景ポイント
そうこうしているうちに山頂に到着【14:05】
相変わらず富士山はスッキリとは眺められません。

14:25 山頂出発(下山開始)
岩がゴツゴツした金時山。
富士山にも少しだけこんなところがあるので、いい練習です。
傾斜が緩んできたところで「金太郎宿り岩」登場

金太郎が寝たのかかな〜
笑顔の登山もここで終了。
箱根仙石原の公時神社に【15:50】下山。公時と書いて「きんとき」と読むらしい。

●祈願
*こどもの健康:たしかに子連れのファミリー登山者が多かった
*家内安全:ご夫婦、ファミリーの登山者も多かったな
*登山の安全:無事に怪我なく下山できました(感謝
*交通安全:午後8時50分 名古屋駅に戻り帰宅できました(感謝

ページトップへ戻る