山のぼり ツアーレポート

2018/5/20  200名山 毛勝山

北アルプス主峰「剱岳」のさらに北

富山・魚津の里から仰ぎ見られる「毛勝山」
居並ぶ三っつのピークの中央左側に、まっすぐと走る白い筋「毛勝谷」

こんな説明をしながら肝心の、その写真がありませんが。。。(苦笑)
そんな目立つ白い筋を登り、毛勝山に今年も登頂!

雨が霞を洗い流した空は吸い込まれるような紺碧でした!

ガイド:高橋 守

魚津に前泊し迎えた当日
【5:00】にホテルを出発して片貝川を遡り登山口へ

片貝第四発電所のゲートもスルー。〇ち〇り禁止って書いてあったような気がしたけど、、、(笑)
片貝山荘まで問題なく入れてさらにその先の阿部木谷に入って、標高800mほどの所まで車両突入!!【5:25】

これはラッキー!!近年まれにみる所まで入れて幸先良し!!
欲を言えば堰堤手前の橋まで入りたかったけど、雪に阻まれているので仕方なしですね。
歩き出すと、冬の間に大きな雪崩があったようで、ある一定の高さで辺り一面の木が折れていました。

自然の破壊力は凄まじい。。。こんなの食らったら一溜りもないね(^_^;)
その雪崩のお陰か、やたらと残雪が多い所と少ない所と差が激しい。

例年なら雪の上で問題なく越える堰堤も、今年は雪が無くてちょっと足元の悪いへツリがありました。
出発から約1時間【6:20】で最終堰堤到着

ここからは雪の上
懸念材料だった板菱ゴルジュの雪の具合も問題なし!

これなら今月いっぱいは大丈夫そう。
朝の冷え込みのお陰でカチカチの雪に、冬靴を蹴り込みながら
左右に聳える雪が削ったゴルジュの岩壁を抜け

陽も高くなった頃に大明神沢出合に到着【6:55】
出合いでアイゼン、ハーネス装着

ここからが本番の雪渓登りです
陽も当たりだしてカチカチの雪も適度に緩み、アイゼンが良く利いて歩き易い!!

徐々に傾斜が増してくる雪渓に
サクサクと心地よく刺さるアイゼンの爪
振り返ると谷を埋める雲海
頭上には吸い込まれそうな碧

天気予報と睨めっこして、予備日を使って大正解!!

次の沢の分岐(何て名前の沢かは不明)からさらに傾斜アップ!

青天の週末だけに先行者多数
ゲストの足前も良いし、雪の硬さも丁度いい

お陰で順調すぎるぐらい順調に進んで
最後の急傾斜に突入!

最大傾斜は45°ぐらいか?
今以上に雪が硬かったらちょっと登るのを躊躇しそうな急斜面。

急傾斜なのでゆっくり歩いても息が上がる(ToT)
中々休むところが無いので、ちょっとした傾斜の緩い所で休憩

あとちょっと、、、と見えているのに遠いコル

俯きながら取りあえず足を一歩前に出す、そしてもう一歩さらにもう一歩

弾む息を整えながら振り返ると雲海はいつの間にか霧散し
瑠璃色と浅葱色を真一文字に分ける水平線が浮かび

沢筋に走る白い雪と尾根には岩や樹木が黒々と光る
これぞ日本海側豪雪地の残雪期の絶景

絶景に後押しされてコルに到着!【10:45】

稜線上は強風に晒されると分っていたので、その手前で休憩して
落ち着いてから稜線に出ると強風と後立山の絶景がぶつかってきた!!

ワァーオーー!!
右手には剱岳!!

思わず叫び声を上げる展望!!
北アルプス北部の超一級の展望台!!

しかも、空気が冬のように澄んでいる!!

急登に喘いできていたことも忘れて皆さん写真ターイム(笑)
そりゃそうですよね
思う存分写真撮ったら山頂へGO!

コルからふたコブ越えればやっと山頂!
雲海に浮かぶ遠い毛勝山に【11:00】到着!

車が奥まで入れて、雪の状態が良くて速かったって言っても出発から5時間半
遠い山頂ですね〜〜200名山の中で難峰と言われる訳だ
絶景を眺めながら、遠かった道のり噛みしめて山頂でゆっくり・・・
としたいところですが、なんせ風が強い(泣)

そして寒い!!
なので写真をひとしきり撮って、休憩もソコソコに山頂を出発
正に(ベタですが)抜けるような紺碧の空!

白と黒のコントラストが美しい残雪の山!

そしてそれを眺める登山者
絵になるね〜!

何なんでしょうね、後立山をズラリと眺めるなら立山(例えば雄山や真砂岳)でも見れるんですが
何かが違う。距離感か?それとも苦労してきてるから?(笑)
いつまでも眺めていたい絶景ですが、吹きすさぶ強風と時間がそうはさせてくれない。

後ろ髪を引かれつつ帰りましょう

帰りはもちろん、ロープを出してアンザイレン
転んで滑って、最初の対応を間違うと滑落してっちゃいますからね
特に最初の急斜面は。

慎重に下ります。
手に汗握る(?)急斜面さえ終われば、もう後は鼻歌交じりの雪渓下降

雪も十分緩んでいて、早い早い!
そして暑い!

山頂で強風に凍えていたのがウソみたい(笑)
雪の下りは本当に早い!

【11:35】にコルを出発して【13:30】には最終堰堤に到着
アイゼン・ハーネスをオフして一息

その後山菜取りの道草を食いながらも【14:30】には車に戻って終了

終わってみれば往復9時間(早い!)
絶景と雪渓と碧と白。最高の残雪登山でした〜毎回こんなだったらいいけどね〜(笑)

ページトップへ戻る