山のぼり ツアーレポート

2018/5/12  ハライドからブナ清水

クラブツーリズム名古屋の企画で「北アルプスに登り隊」の練習会として朝明渓谷から周回縦走に行ってきました。
ハライド(山)からのコースは、昔は踏み跡かすかな登山道だったのですが、最近は人気があるの?しっかりした登山道で快適。そして変化がある!
何と言ってもヤシオツツジが多いコースで、通称「ヤシオ尾根」と呼ばれているくらい。
好天に恵まれたいい1日でした。

8:50 近鉄菰野駅に集合。
5台のタクシーで朝明(あさけ)渓谷の朝明駐車場へ。さらに見返り橋から朝明茶屋キャンプ場に川を渡り、すぐの分岐を右折。
その先左手の駐車場までタクシーで入山
◆写真=見返り橋
はい、こちらが本日のスタート地点。
駐車場だと体操をするスペースもなかったので、ここまでタクシーで入ってもらってよかったた〜。
体操を済ませて9:40 出発!
本日のルートです
スタートからしばらくは林道歩き。
すぐに湯の山温泉方面への分岐を左に見送り、川に沿ってつづく未舗装林道を登っていくと・・・
スタートから10分(駐車場からだと20分)ほどで堰堤前の登山口に到着。

ここからが本番!
尾根ルートで急登ですがジグが切られた登山道なので息を上げることなく登れます。
ハライドまでスタートから1時間半の予定。
途中2回ほど休憩を入れてですが。
背後には樹間から釈迦ヶ岳、そして正面にはこの日目指すハライド(山)が眺められました。
標高を上げるとシロヤシオツツジが目に入るのですが、やっぱり可憐な花ですね〜
林床に低い笹が目立ってくるとハライドも近い!
気持ちいい天気なのでサクサク登って山頂に到着。反対側には御在所岳がド〜ンと見える好展望台のハライドに11:10到着。ここ40分休憩。

ランチタイム!
これから目指す1081mピーク方面と、その奥に国見岳。

一旦腰越峠に降りてその分以上を登るのです(笑
もったいないな〜
昼食を終えて腰越峠に向かって下降。
ザレた斜面ですがなんの問題もなし。
ただ段差の大きいステップを降りたりするのがちょうどいい練習なんです。
腰越峠のケルン(遭難碑)

さてここから登りですよん
菰野町地内の鈴鹿山脈でよく見かける道標

腰越谷から藤内小屋に下るルートは通行止のようですが、進んだ先のルートはOKのようです。
登るに従いヤシオツツジが増えてきました!
標高1000mを越えた先で傾斜が緩み休憩にちょうどいいポイントがあったので、お花摘み休憩
シロヤシオツツジの咲く平で休憩中のみなさん。
休憩を終えて標高をほとんど上げることなく(標高差50mくらいかな)新緑の森を進んでいくとブナ清水への分岐に到着。
まぁ気持ちのいいところです。釈迦ケ岳を眺めながら緩い下り。
ヤシオツツジも満開!
これが鈴鹿山脈か!?と目を疑いたくなるほどのビッグスケールのパノラマ!
どんどん高度を下げてブナ清水到着。
こんこんと冷たい水が出てました。
ブナ清水から沢に沿って下り、根ノ平峠への分岐からさらに下っていくと今は使われていない林道に飛び出しました。(地図では実線ですが)
さらに、さらに下り、車道を行くか旧街道ルートで行くか悩みながらも登山道を下って根ノ平峠への登山口に到着。
ここから車道を15分ほど下ってタクシーの待つ朝明駐車場に15:30到着
全行程6時間の山旅でした。

ページトップへ戻る